【両立支援助成金】
「母性健康管理措置による休暇制度導入助成金」

新型コロナウイルス感染症特例の助成金

こんな方へ最適な助成金です

  • いま出産予定の社員がいる。接客業なのだが、この社員がコロナ感染がこわいと言って休みたがっている。
  • 女性社員がおめでたなのだが、通勤電車が混雑するのでコロナ感染するかもしれない、休みたいと言っている
  • 妊婦さんにコロナ特例の助成金ってないの?

「母性健康管理措置による休暇制度導入助成金」
とは

妊婦さんが新型コロナ感染を防ぐための休暇制度とるための助成金

妊婦さんに優しい
コロナ感染予防の休暇助成金

去年創設されたコロナ特例の助成金です。
新型コロナ感染症に関する母性健康管理措置として、休業が必要とされた妊娠している従業員を、会社が有給で休ませてあげたら助成金が支給されます。

母性健康管理措置とは、妊婦さんの健康管理上、医師が必要と判断した指示のことを言います。これには事業主は従わないといけないルールです。

この助成金は2段構えになっています。一つは制度導入助成、もう一つは休暇取得助成です。

【制度導入助成】(要件)

  • ①医師の母健措置に従い、妊娠している従業員を有給で休める休暇制度を導入し、社内周知する。
  • ②この休暇を合計5日以上休む妊娠している従業員がいる。
    1事業所につき1回限り15万円助成されます。

【休暇取得助成】(要件)

  • ①医師の母健措置に従い、妊娠している従業員が有給で休める休暇制度を導入し、社内周知する。
  • ②この休暇を合計20日以上休む妊娠している従業員がいる。
    対象労働者一人当たり28.5万円助成されます(1事業所5人まで)

この2つの助成金は同時に取り組むことができ、休暇日数の5日と20日は重なっても大丈夫です。
(15万円+28.5万円=43.5万円)

また、本来の育児休業取得助成金も併給できます。
(43.5万円+28.5万円=72万円)

お客様の声

うれしいお言葉いただいております

専門家に聞いておいてよかった!

松村歯科医院 松村 健司院長

スタッフからおめでたの報告があり、産休後1年くらいは育児休業を取りたいとの要望を受けていた時に、奥田さんからの案内が届きました。

近くの事務所だったので説明に来ていただき、産前休業に入る前にいろいろ復帰に向けて取り組めば助成金を申請できるとの事で、前もって聞いておいてよかったです。

ちょうどコロナ特例の休業支援助成金の要件にも当てはまり、通常の育休取得時の助成金に加え、コロナ特例の妊婦休暇支援の助成金も取得することができました。やはり専門家に聞いておいてよかったです!

受給までの流れ

助成金の受給まで全てお任せください!

01お問い合わせ

自社でこの助成金に取り組めるのか?と思われたら、まずは当事務所までご一報ください。

☎︎078-321-6620

02ヒアリング~ご提案

貴社を訪問の上、この助成金の詳細なご紹介と貴社の状況のヒアリングをさせていただき、取り組むための環境整備などをご提案いたします。

03手続き

前提条件に合っているかを確認させていただき、条件がそろっていない場合は、丁寧・親切にコンサルさせていただきます。
「前提条件」につきましてはコチラをご確認ください。

04受給

助成金の受給要件を満たしていれば支給決定となり、助成金が金融口座に振り込まれます。これで手続きは完了となります。

わが事務所に依頼するメリット

育児休業等支援コースは難易度が高い助成金です

取り組み難易度の高い助成金を確実に受給出来ます!

この助成金はすべきことが多く、また事前の計画書提出もなく、一発申請ですので難易度は高いです。

当事務所にご依頼いただくと、申請書類などはすべて当事務所で作成しますし、必要な書類をお送りいただくだけで助成金が受給できます。

着手金などはいただかない成功報酬型ですので、余分な出費はありません。

我々社労士は労務関連のスペシャリストで、多くの企業で労務管理のアドバイスをしています。
わたくしはその中でも「助成金総合コンサルタント」として多くの事例を経験しており、チェックすべきポイントを理解しています。

また、労働局の助成金デスクにも定期的に訪問の上 情報収集しており、最新の変更事項にも通じています。

手数料

無駄な出費のない成功報酬

成功報酬型着手金はいただいておりません
事前のご相談も着手後の
打ち合わせも無料です。
成功報酬は助成額の30%
+消費税です。