人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

おめでたの社員さんが出たら、会社がまずすべき事とは?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.1321

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

経営者の皆さんに

労務のお役立ち情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

妊産婦に10万円、恒久化へ

 

 

会話

これ何のことか

社長さん、ご存知ですか?

 

 

 

去年から、各市町村が

妊婦さんの支援として

 

10万円相当の現金や

クーポンを支給しています

 

 

題して

出産・子育て応援交付金

 

 

支援内容のデザインは

各自治体の自由裁量で

 

たとえば、わが神戸市では

この10万円を

「寄り添い給付金」と銘打って

 

妊娠時と出産時に

それぞれ5万円を現金支給

しています

 

 

出産や育児に伴う

関連用品の購入や

子育てサービスに使ってください

というわけです

 

 

自治体によっては

こんな用途へのクーポン券を出す

ところもありますが

 

 

 

この10万円支給

25年からは恒久化されることに

なりそうです

 

 

 

この様に

今はお子さんを生む時は

たくさんの支援策がありますし

 

 

自社の社員が妊娠したら

会社は何をしたらいいのか

 

 

社員さんが10人位の

小さな会社なら

初めてのことも多いので

 

すべきことを知らなかった

という事がないように

準備しておく必要があります

 

 

クリニックとか美容室のように

20~30歳代の女性が多い会社なら

なおさらです

 

 

 

 

まず妊娠報告を受けたら

出産予定日の確認とともに

 

産前・産後休業、および

育児休業を取る権利がある

 

これらの休業制度活用の

意向を確認しておく必要

があります

 

 

 

 

加えてすべきは

 

復帰の意思確認

 

復帰しやすいよう

会社も支援することを

伝えましょう

 

 

 

それに大事なのは

 

各種保険の活用についての

情報提供

 

 

健康保険からは出産手当金

雇用保険から育児休業給付金

が出るし

 

 

この間の

 

社保の保険料は免除されている

ので

 

産休・育休中でも

一定の所得補償がある事

 

 

また出産時には

 

出産一時金として50万円

病院代として支給されることも

伝えておく必要があります

 

 

 

 

さらに、それ以前に重要なのが

育児介護休業規程を会社で

整えておくこと

 

 

マタハラが起きないよう

社内でも配慮すべきことを

周知しておく必要も生じます

 

 

 

 

 

今は妊娠した社員さんの方が

よく調べておられますが

 

中には間違った情報を

卯のみにされているときも

ありますので

 

 

事業主さんが正しい情報を

知っておくことも大切です

 

 

ただこれらの事柄は

かなりややこしい

 

 

そんなときは

社会保険労務士の出番です

 

会話
頼りになさってください!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss