人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

雇用調整助成金はもう当てにしない!これから厳しくなりますよ。

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.721

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

おととい厚労省から

労働政策審議会の資料が発表されました

 

内容は

 

雇用調整助成金

 

に関して

 

あくまで会議資料ですが

4月以降、雇調金の申請は

どんどん厳しくなりそうです

 

 

 

もうマンボウもあけるし

4月以降これを当てにする

事業主さんは少ないと思いますがー

 

 

 

ポイントは3点

 

1.業況特例の確認が毎月される

 

 

この特例

 

直近3カ月の売上げ平均が

去年又はおととしの同時期に比べて

3割以上減っていたら

 

会社が支給した休業手当を

100%助成するという制度ですが

 

 

去年は1回でも3割減が証明出来たら

ずーっと100%助成されました

 

 

途中で売り上げが

戻っていたとしてもです

 

 

それが毎月確認になるということ

会話
まあ、当たり前のことですよね

 

 

 

2.最新の賃金総額から平均賃金を計算する

 

雇調金が助成する休業手当は

平均賃金の6割以上ですが

 

この平均賃金

本来なら直近3カ月の賃金総額を

その3カ月の総日数で割って

日額を算出します

 

 

でも今年6月分の申請からは

 

 

令和3年度の労働保険の

確定保険料を算出した

リアルデータが採用される

ことになります

 

 

毎年6月に労働保険料

計算しますよね

 

あの数字です

 

 

まあこれも文句はない

 

 

最後の3つ目

これが厳しい!

 

 

3 .もし4月以降、

雇用保険に入って1年未満の会社

雇用調整助成金を申請するなら

 

 

給料支払いを証明する

2つの書類が必要になる!

 

 

ひとつは

源泉所得税の直近の納付を証明する書類

 

具体的には

所得税徴収高計算書の領収日印があるもの

 

 

もう一つは

給料振込依頼書のような

給料を振り込んだことを証明する書類

 

 

 

 

会話
さらにもう一つ!

 

雇用調整助成金は

雇用保険に入っている社員に支給した

休業手当を助成するものですが

 

 

労働時間が短く

1週間20時間未満なので

 

雇用保険に入っていない社員さんの

休業手当を助成するのが

 

緊急雇用安定助成金

 

 

もし雇用保険に入って

1年未満の会社とか

 

雇用保険に入ってなく

労災保険だけ入っている会社が

 

この緊急雇用安定助成金を

申請するなら

 

 

上の2つの証拠書類に合わせて

 

対象社員全員の氏名・年齢・住所が

確認できる書類の添付も求められます

 

 

具体的には

マイナンバーカードや免許証ですが

 

かなり煩雑な準備が必要になりそう

 

 

 

 

おそらくですがー

 

 

これは不正請求ができないように

するための対策でしょう

特に今、この緊急雇用安定助成金の

不正、架空申請が明らかになっている

事例が多いようですから

 

 

 

 

 

 

このように

今日ご紹介の3つの変更は

 

もう雇調金は使うな!

 

ということです

 

 

もし当てにされている

事業主さんがおられたら

 

 

会話

助成金はないものとして

今後の事業を考える必要があります

 

 

いつまでも当てにするなよ雇調金

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

この記事へのコメント

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss