人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

未払い残業代対策、済ませてますか?過払い請求のあと弁護士業界が狙うのはー

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.698

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、私の不在時に

ノーアポで突然事務所に来た

事業主さんが

 

 

名刺と携帯番号を置いていったので

その日の夕方に電話しました

 

 

 

助成金のお手伝いをするにあたり

最初はリアルでその会社に行く方針なので

面会の調整をしましたが

 

 

 

話をしていて

嫌な感じがしたので

 

 

出勤簿をどうしているのか

お聞きすると

 

社員は直行直帰が多いので

作っていないといわれる

 

 

残業代は払ってますか?

と聞くと

払っていない

 

 

でも直行直帰でも、遅くまで

例えば夜の8時くらいまで

仕事していることありませんか?

 

 

あるとは思うけどわからない

 

 

 

社員さんの自己申告でもいいので

残業したらその分

残業代払う必要ありますよ

というと

 

余分に人件費かかるから

出したくない

 

 

 

 

この一言でお断りしました!

 

 

御社のお手伝いはできません

 

助成金も通らないと思います

 

 

 

 

ノーアポで来ること自体

非常識だったので

嫌な感じがしていましたが

 

 

やはり

 

一事が万事です

 

 

 

 

 

 

 

そしたら青森県で

 

残業代払っていない社長が逮捕され

なんと身柄送検された!

というニュース

 

会話
これ、よっぽどですよ

 

未払い残業で

送検されることはあっても

 

タイホ、身柄拘束されるなんて

めったにない

 

 

 

 

 

タイホされたのは

おみやげせんべいを

製造販売している会社

 

 

たぶん南部せんべいですね

 

ちょっと固いけど

名物みやげ

 

 

 

 

 

社員9人の残業代500万円

 

去年9月に労基署が

賃金台帳の提出を求めたら

ねつ造したモノを出した

 

 

 

メチャ悪質なので

労基署は証拠隠滅の恐れ

があるとして

 

強制的に家宅捜索までして

この社長をつかまえた

 

 

 

労基署はわかるんでしょうね

この社長、証拠隠滅するな

というのが

 

 

もちろん当たり前のことですが

ちゃんとしておかないと

 

タイホはされなくても

 

 

今後

 

未払い残業代

請求されるかもしれません

 

 

これまで借金の過払い請求

たんまり稼いできた大手弁護士法人

 

 

これから狙うのは

間違いなく

未払い残業代請求ですから

 

会話
御社もご確認くださいねー

 

 

ちゃんと

社員さんの労働時間を

「客観的な方法で」記録しているか

 

 

そして

正確な残業代計算が

出来ているか?

 

 

会話

不安を感じられたら

専門家の社労士さんにご相談を

おすすめします!

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss