兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

親の収入で人生決まってたまるもんか!私ならこうする

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.867

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのう奈良の実家に

行く用があったので

電車の中で開いた神戸新聞

 

 

3面の記事に

それは違うで!

と言いそうになった

 

 

 

親の収入で人生決まる

と思ってる人が73%もいる

という調査結果

 

 

いわゆる

親ガチャ

だが

 

 

若い人ほど比率が高くて

30歳代以下で79%

 

ほぼ8割もの人が

そんなことを思っているらしい

 

 

はっきり言う

 

絶対にそんなことはない!

 

 

会話

そんなことで

人生決まってたまるもんか!

 

 

自分の人生は

自力で何とかしていくもの

 

 

もちろん人の助けを

いただきながらやけど

 

その人とのつながりも

自分が動くことで

切り開いていける

 

 

 

 

こんな閉塞感が

若い人たちにまん延しているとは

 

なんとかせんといかん!

 

 

 

私は

 

教育こそ

人生の一発逆転になる

と思っています

 

 

だから些少ながら

あしなが育英会にも

継続して寄付をしていますし

 

母校のそんな学生さんたちを

援助する基金にも

寄付を続けています

 

 

 

もう一度言います

 

親の年収で人生

決まるわけがない!

 

 

 

 

若い方は実は

いま、チャンスだと思うんです

 

 

これから世の中

否が応でもIT化、デジタル化が

進んでいく

 

 

このスキルを身に着ければ

この道の専門家になれば

人生に不安はなくなる

 

 

 

そのための勉強を

いま必死にすべき

 

 

どうしたらそれを身につけるか

 

 

学校に行くもよし

これを援助してくれる会社を

探すのも手

 

 

 

経営者目線で見れば

外部から専門家を採用するのではなく

 

自社の人材で

DX人材をそろえる方が

より効率がいい

 

 

ならば

社員の再教育が必須

 

 

それを支援する助成金もある

 

 

 

人材開発支援助成金の

一般職業訓練コース

 

 

今年から

IT化の人材を社内で育てるなら

助成金が用意されている

 

 

 

これ

検討する値打ちがある

 

 

 

 

 

 

さて私は

父が鉄道会社の社員だったので

親が失業するリスクはありませんでした

 

 

でも年収はめちゃ低くて

 

中学受験で

私学と国立に合格しましたが

当然学費の安い国立を選びました

 

でもこの学校に行ったおかげで

今の私の基礎ができたと思っています

 

 

大学進学でも

日本育英会の奨学金をいただきました

 

でも

親の年収が低かったことを

ひけめに感じたことは

ホンマになかった

 

 

 

 

私の両親は

今でいう

“ほめたつ“

でして

 

 

上手く私に自信

自己肯定感をうえつけてくれた

と思います

 

なので

ほんとうに親に感謝しています

 

 

 

 

 

人生は親の年収ではなく

親の子に対する姿勢・態度に

左右される

 

そう思います

 

 

 

 

 

 

さて今日の奈良行きですが

 

実家の売却が決まり

家も先日取り壊しました

 

いまは更地になった土地の

売買の最終契約に行きます

 

 

 

亡き両親が

50年以上暮らした

 

更地になった場所に行くので

涙が出そうですが

 

感謝の気持ちを持ちながら

訪れようと思います

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss