兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

クリニックで業務改善助成金_特例コースを使うならー

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.907

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

病院でもらう

 

処方箋

 

 

あれがないと薬をもらえないので

診察を受けに行かざるを得ない

 

 

 

 

私は3カ月に一度

肝臓がんの術後フォローのために

CT検査やエコーを受けに行ってます

 

 

その1週間後に

検査結果を聞くだけのために

 

朝から病院に

診察を受けに行きますが

 

 

結果に問題なければ

実質の診察時間は1~2分

 

 

でも処方箋をもらう

必要があるので

 

この1~2分のために

半日つぶすつもりでいかざるを得ない

 

 

 

会話

この無駄な時間

なんとかならんのか~

と思ってましたが

 

 

どうやらこの問題

近い将来、解消されるかもしれない

 

 

 

 

というのは

 

電子処方箋が1月から

スタートするから

 

 

 

まだ対応できる

医療機関や薬局はあまりなさそう

やけど

 

 

いずれこれがスタンダードになる

 

 

そうなれば

 

 

オンライン診療オンライン服薬指導

これに薬配送サービスが加われば

 

病院に行かずとも

薬を受け取ることができる

 

 

会話
全部ネットで完結

 

そうなったら

いまの無駄な時間が無くなるので

早く進めてほしいものです

 

 

 

医療機関側も

業務改善につながるから

 

 

いずれ業務改善助成金

電子処方箋の発行機なんかが

買えるようになるかもしれない

 

 

 

 

 

 

さて今月1日に

突然発表された

 

業務改善助成金の

特例コース

 

 

これまでダメだった

クルマやパソコンも対象なので

引き合いが多く来ていますが

 

 

 

クリニックで

この助成金を使うなら

どんな設備機器がいいのか

 

 

 

会話

きのう、ある開業医さんと

話し合いました

 

 

 

まず問題なくいけそうなのが

 

受付の自動釣銭機とかポスレジ

 

 

診察終わってから

診察券を差し込めば金額が出て

 

お金を入れたら領収書と

おつりが出て精算終了

 

 

これなら受付担当は

患者さんにかける時間が少なくなるし

 

直接の接触が少なくなるから

感染予防にもなる

 

 

 

ただこの機械

ピンからキリまであって

いいものは相当高い

 

 

 

 

 

 

次に院長さんから

これどうよ

と出てきたのが

 

自動血圧計

 

病院なんかだと

普通においてあるけれど

それなりにン十万円する

 

 

循環器のクリニックだと

ほぼすべての患者さんを

 

診察初めに

看護師さんがプシュプシュやって

血圧を測る

 

 

 

 

これルーチンで

ひとり1分で済むとしても

 

1日の患者が50人いたら

50分かかっている

 

 

こんなとき自動血圧計を

診察室の前においといて

患者さんが自分で先に測っておけば

 

 

 

看護師さんは

50分の時短になる

 

 

会話
これはいけるよね!

 

 

 

こんな風に

 

今の業務上の問題

設備投資でどう改善できるのか

 

 

特に

従業員さん目線に立った

業務改善

が望めるなら

助成対象になる

 

 

 

 

あ、でも

 

院長自身が楽になるから

という理由の設備投資は

助成の対象にはなりません

 

 

あくまで

従業員さん目線です

 

 

 

会話

こんな点で

業務改善助成金

活用していきましょう!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss