兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

働き損を解消するのは106万円の壁だけ?130万円の壁はどうなる?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.1084

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日キッシーさんが

育児休業している人の

収入を減らさない方策を

発表しましたが

 

 

続けて

“やります!”

と言ったのが

 

扶養に伴う年収の壁の解消

 

 

 

130万円、106万円、103万円という

扶養の壁があって

 

 

家庭の奥さんたちは

この壁を越えて稼いでしまうと

社保の保険料や税金がかかるので

 

年末になると超えないよう

就労制限をせざるを得なくなる

 

 

 

かたや会社は

どうしても人手不足になってしまうので

 

 

時給が上がることは

むしろ就労制限を助長していて

人手不足がさらに加速する

という悪循環

 

 

 

なのでこの

扶養というルールは

廃止も含めて根本から見直すべき

このブログでも申し上げていますが

 

 

 

 

会話

その一つの答えを

キッシーさんが発表されました

 

 

 

社保の壁を越えてしまうと

保険料がかかるので

 

ある程度の金額までは

手取りが減って働き損になってしまう

 

 

そうなら

 

 

その働き損のときだけ

損分を会社は給料から

保険料控除しないようにして

 

控除しなかった保険料は

お国が会社に助成金を入れる

という仕組み

 

 

 

 

へー

 

 

となると益々

社労士の出番が増えそう

 

忙しくなるかも

 

 

 

 

でも

今回キッシーさんが発表したのは

 

106万円の壁の解消

 

 

 

 

壁には103万、106万、130万が

あると言いましたが

 

 

103万は税金の壁

 

これ超えたら奥さんの収入に

税金がかかってくる

 

 

 

 

 

106万円と130万円はいずれも

社会保険料の壁

 

 

これ超えたら奥さんには

まともに社保の保険料がかかってしまい

給料から控除されて悲鳴が出る

 

 

 

それ位、社会保険の保険料は高い

 

 

 

130万円と106万円の違いは

その会社の規模

 

 

従業員が101人以上の

会社に勤めていたら106万

 

100人以下の会社なら

壁が130万円

ということ

 

 

 

 

で、問題なのはここからでして

 

今回キッシーさんが

差額を会社に助成する

といったのは106万円の壁

 

つまり

従業員101人以上の会社だけ

 

 

 

中小企業って

100人以下の会社の方が

圧倒的に多いのに

 

 

130万円の方は今回の施策の対象外

 

 

会話
これって片手落ちじゃないですか?!

 

 

 

 

 

キッシーさん、

ちゃんとわかってるんやろか

 

 

周りの官僚が

都合のいいようにいって

 

実は130万円の壁のヒトの方が

ずっと多いこと

言ってないんとちゃうか?

 

 

 

 

106万円の壁を解消するなら

130万円の壁も解消すべきで

 

そのためには

 

100人以下の中小零細にも

政府は助成すべきです

 

 

このブログでは

業務改善助成金の時給上げを

普段は話題にしていますが

 

時給上げたら働けなくなるので

助成金自体も使えなくなる

 

 

 

正しいお国の政策発表を

期待します

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss