人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

非正規社員に退職金を導入すれば、出る助成金とは?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.1191

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職金優遇課税見直されるようです

 

 

これまでの

旨味はなくなるという事ですね

 

 

 

 

 

どんな旨味があるか?

 

 

 

 

退職金は

長年会社に貢献してきた方に

退職時に一時金として

支払われるもの

 

 

今は年金型もあって

どちらにしても公的年金と並んで

老後の生活資金になりますが

 

 

この優遇税制は

定年まで働くという終身雇用制度を

前提にしたもの

 

 

そんな老後資金なら

税金も安くしておきますよ

ということです

 

 

 

 

 

今は、

退職金から

ある一定の控除額を引いて

残りに通常の税率がかかります

 

会話
この控除額ハンパない!

 

 

勤続年数が20年以下なら

1年40万円が控除額なので

20年働いたら800万円が控除される

 

 

もし1000万円の退職金なら

800万引いた200万円に課税されて

今なら所得税は約19万円

 

 

勤続30年で1500万円の退職金なら

20年超えた10年間の控除額は

1年70万円に跳ね上がるので

 

控除額の合計は

40万円×20年+70万円×(30年―20年)=1500万円

 

という事は

 

税金はゼロになる!

 

 

 

 

 

もし普通に1500万円の所得なら

控除153万6千円で税率33%なので

444万3120円の所得税がかかるのに

 

 

 

これくらい優遇されてるなら

いやでも最後まで粘ろうとなります

 

 

 

 

わたしはこの恩恵を

受けた世代なので

 

勤続年数が長い方たちが

退職したがらないのはよくわかりますが

 

 

今回の見直しは

 

労働移動―

つまり転職の足かせになっているものを

すこしでも排除していこうというもの

 

 

 

来年くらいには

新ルールが始まりそうです

 

 

 

 

 

 

でも退職金というものは

 

通常、正社員のみが対象

 

 

非正規の方に出るなんて話は

まずないと思いますが

 

 

 

 

キャリアアップ助成金の

賞与・退職金制度導入コース

 

 

こんな非正規の方に

賞与制度や退職金制度を

就業規則で定めて導入し

 

実際に支給したら

助成金が1社1回だけ申請できます

 

 

賞与または退職金の

いずれか導入で助成額は40万円

 

 

両方導入すれば

56万8千円の助成額です

 

 

 

 

会話

社員数が少なくて

非正規の方が1~2人なら

使う値打ちがあるかも

 

というものです

 

 

 

うち、いけるかも!

と思われましたら

遠慮なくお問い合わせください

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss