人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

フリーランスも労災対象になるって、どういうこと?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.1316

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

経営者の皆さんに

労務のお役立ち情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

2日の日経一面に

大きなニュース

 

全フリーランス、労災対象!

 

 

 

会話

これ、社長さんなら絶対に

知っておくべきニュースです

 

 

 

 

会社やっていく上で

従業員さんを雇うなら

 

絶対に入らないと

いけないのが労災保険

 

正式名は

労働者災害補償保険

ですが

 

正社員がいないからと

入らなかったら法違反です

 

 

正社員に限らず

パートでもアルバイトでも

対象になりますからね

 

 

 

でも

業務委託とか請負の人は

 

同じ職場で働いていても

労災の対象外

 

 

 

自分の判断で

請負契約していて

 

必ずしも

事業主の指揮命令下にはないから

なんですがー

 

 

事業主さんによっては

社保や労働保険の保険料の

会社負担分を減らしたいからと

 

 

実質は従業員なのに

業務委託に切り替える

なんておっしゃる方がおられます

 

 

これ

実態が変わらないなら

違法ですからね

 

 

 

くれぐれも

そんなことは考えないでください

 

 

 

今回のニュースは

 

フリーランスも

労災保険に特別加入できるようになる

ということ

 

 

労災保険の特別加入とは

既にある制度でして

 

 

労働者とは言えない

中小事業主とか家族従事者

 

あるいは法人なら

社長以外の役員の方が

労災保険に入ることができます

 

 

これを特別加入と言いますが

 

今回のニュースは

 

この特別加入の対象に

フリーランスも入ってくる

という事です

 

 

 

 

ただし

 

これに入るかどうかは

あくまでその方の任意

 

入らなアカン

というものではありません

 

 

 

それに保険料ですが

 

労働者なら会社が全額

出してくれていて

自己負担は一切ないのですが

 

 

特別加入なら

保険料は全額自己負担です

 

 

 

 

 

それでも

仕事中に怪我したら

 

会話

労災保険の対象になることは

大きなメリットがあります

 

 

ケガしたときの病院代

診察代や薬代は

医療機関や調剤薬局支払い分も

全て保険から出ます

 

 

しかも

4日以上休むなら

一定割合の休業補償金も出るし

 

傷病補償や障害補償・介護補償

まであります

 

 

 

 

建設業や美容理容業などは

とくにこのフリーランスの方が

多い業種ですが

 

 

今回のニュース

 

これらの方から質問が出たら

情報提供してあげてください

 

 

 

会話

そうすれば

皆さん安心して働けるし

社長さんの株も上がります!

 

一度、この

労災保険特別加入制度

ご確認くださいね

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss