人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

60歳超えたオトコがさらに成長するには、何が必要か?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

“おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

605日目

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

 

 

きのう11月23日は

内容の濃い一日でした

 

 

早朝の新幹線で

愛知の岡崎まで行き、

お昼は名古屋で観劇

 

 

夕方は熱田神宮を参拝後

すぐそばで宴会して

夜の新幹線で帰ってくる

 

 

 

移動距離の長い1日でした

 

 

 

 

 

元々はブログ仲間の

飛香さんから観劇のお誘い

 

 

【ライオンキングの名古屋公演】

 

 

名前は誰でも知っているけれど

これまで見たことがなかったので

 

これもブログネタになるかと

「行くー!」と返信

 

 

 

 

そうしたら1週間前になって

これもブログ仲間の岡崎在住

下村さんから助成金のお問い合わせ

 

 

それなら丁度いい

 

名古屋に行く前に

岡崎まで先に行けばいい

 

というわけで

5時半起きで1日のスタートです

 

 

 

 

岡崎での仕事は

つつがなく終わり

 

シモさんにいただいた

お土産をもって名古屋集合

 

 

 

かの有名なライオンキング

初観劇です

 

 

もう入場制限もなくなり

会場は満員御礼状態で

 

 

約3時間のパフォーマンス

楽しませていただきました

 

 

主人公が

「自分が何者であるか」

何度も問いかけられる場面があって

 

劇中の本当の意味は

自分が王である事だったけれど

 

常に自問すべきことばとして

自分に置き換えてみていました

 

 

 

 

 

このあと熱田神宮にいったり

飲み会やったりでしたが

 

 

よかったのはリアルで

色んな方々とお話しできたこと

 

 

ブログセミナーの仲間として

普段からやり取りしていたり

Zoomで会ったりはしているけれど

 

リアルで

初めてお会いする方もおられ

 

生の声を聴いて

マジ勉強になりました

 

 

 

例えば

初めてお会いした

エムちゃんこと江村典子さん

 

 

この方手袋ソムリエとして

ブログからの引き合いが

めちゃくちゃ多い方なんですが

 

聞いてきましたよ

そのキモを

 

 

 

 

今日からやってみます!

 

このブログからのお問い合わせが

たくさん来るようにね

 

 

 

 

まさに

 

 

人は人によって磨かれる

成長は移動距離に比例する

 

この二つを実感した1日でした

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss