人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

「ほぼウナギ」はいいけど、”ほぼ雇調金”はアウト!栃木で何があった?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

“おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

 

 

462日目

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

7月に入りそろそろ夏本番か

蒸し暑くなってきましたが

 

食べたくなるのがウナギ!!

 

 

近いうちになじみの

西村川魚店さんに食べに行こう

と思っていたら

 

こんな記事

 

 

「ほぼウナギ」今年も発売

 

 

なんじゃこりゃ

 

 

カネテツデリカフーズが2018年から

この時期だけ出している人気商品らしい

 

 

そう

「ほぼカニ」をつくってる会社

 

「ほぼウナギ」はハモのすり身を使い

焼くと香ばしくなるらしく

ホンモノの味や食感に近づくらしい

 

これはこれで面白そうやけど

食べたくはないで

 

 

 

まあ「ほぼウナギ」とか「ほぼカニ」は

ちゃんとフェイクだと言って売ってるけど

 

 

ホンモノと言って売ったらアウト

 

 

 

実はいま雇用調整助成金で

心配していたことが起きている

 

 

不正受給は去年から

タチの悪い事業主が

 

休んでもいないのに休業したとして

雇調金を不正に受給してつかまっていたけど

 

 

とうとう悪行に手を出していた社労士も

つかまりだしている

 

 

先月は岡山で

たちの悪い社長と結託して不正受給

 

 

先週は栃木で

 

なんと社長も知らないところで

社労士が書類を偽造して

助成金を申請していたことがわかった

 

 

この栃木の件

どういうことなのか

どうも腑に落ちない

 

 

だって助成金が振り込まれるのは

会社の口座であって

この社労士は1円の得もない

 

 

なので

よく調べてみたらー

 

 

どうやらこの社労士

去年この会社の雇調金申請を

“失敗”したらしい

 

 

想像できるのは

「締め切りを間違えた」

 

 

思い当たることがある

 

ちょうど去年の今頃

コロナ感染予防もあって

助成金デスクに人が集中しないように

 

本来は2か月の雇調金の

申請締め切りが延長された

 

 

令和2年1月24日から6月30日までの分なら

2か月を超えて9月30日までOKに

 

もちろん7/1以降は本来の2か月締切り

 

 

 

そして9月になったら

9月30日までだった特例措置が

12月31日まで伸びることが発表された

 

 

この特定措置って

助成金の助成率を本来の3分の2から

10割に増やし

 

日額も8330円から

15000円に拡充する措置でしたが

 

 

この特例措置の締切りが9月30日だったので

 

申請期限延長の9月30日も12月31日に

なったと勘違いした社労士がいた

 

 

この人たち

軒並み助成金受給に失敗

 

 

 

 

今回の栃木の社労士

この口だった可能性がある

 

 

なので去年失敗して

補償しろと言われていたので

 

うその賃金台帳と出勤簿をつくって

勝手に雇調金申請したんじゃないか

 

 

 

虚偽申請額

たったの40万円

 

 

 

そんなもん

すいませんでしたと謝って

 

どうしようもなかったら

逃げずに

自分で責任とれよ

 

 

 

潔くありたいものだ

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss