兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

朝の出勤時、地震で電車が止まった!会社はどう指示しますか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.712

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は

東日本大震災が起きた日

 

 

 

 

あの日、皆さんは

どこにおられましたか?

 

 

当時私はもう

神戸に住んでいましたが

 

あの日は

丁度、本社会議があって

東京にいました

 

 

 

なのであの日は

そのまま会社に泊まりましたが

 

次の日

運よく始発の新幹線で

帰ることができました

 

 

 

 

でもホンマ

 

自分が生きているうちに

あんな大災害が起きようとは

思いもしませんでしたが

 

 

それから10年

 

 

 

まさかまさかという

歴史的な事件が

立て続けに起きています

 

 

コロナパンデミックしかり

 

今回のロシアが起こした

戦争だってそうです

 

 

 

 

まさかとは思いますが

今は歴史的な事件が

起きやすくなっているのか

 

 

 

 

なので

不安をあおるような

発信をする人が出てきて

 

それをうのみにする人たちが

増えるのかもしれません

 

 

会話
気を付けないとね

 

 

 

 

さて

会社を経営していくうえで

まさかの事柄が起きたとき

 

会社としてどう対処するのか

 

これらはBCPの観点からも

普段から備えておくべきですね

 

 

 

 

ちょうど今

コロナパンデミックの最中なので

 

出てくる事例に対する方策も

たくさん紹介されていますので

 

 

それらの適否を会社として

検討しておく必要があります

 

 

 

 

コロナ関連の対応は

このブログでも発信していますし

 

世間で多く出ていますので

今日は控えます

 

 

 

 

 

それ以外に

よくありがちだけど

決めていない事柄に

 

出勤障害

があります

 

 

 

例えば3年前の

大阪北部地震のとき

 

 

朝の8時という

通勤ラッシュのピークに起きた

比較的大きな地震だったので

 

 

出勤途上で

会社に行けなくなった方々が

続出しました

 

 

 

こんな時会社は

どういう対応・指示をすればいいのか

 

 

 

大阪、神戸の皆さん

あの時どうされましたか?

 

 

社員はもちろん

会社に行くつもりで電車に乗った

 

なのに

もう少しというところで

たどり着けない

 

 

 

昼過ぎまで待っても

電車は動かない

 

家に帰ったろか!

 

とか

 

会社に行くのやめよかな

なんて思う

 

 

 

途中で

会社に行くのあきらめて

家に帰ってしまったら

 

会社は欠勤扱いにするのか?

 

 

 

 

もし我慢して

電車が動くの待っていても

各局終日運休になったら

 

これも欠勤扱い?

 

 

 

頑張った社員が途中から歩いて

夕方の4時に会社にたどり着いたら

 

遅刻扱いで給料を減らすのか?

 

 

 

こんなときどうするのか?

 

色んなケースがありました

 

 

 

これら一つとっても

 

 

事前に就業規則などに

出勤障害時の扱いについて

決めておく必要があります

 

 

一般的に

出勤障害発生時は

 

 

キホン、遅刻扱いには

しないことが多いです

 

 

例として

就業規則にある条文は

 

交通事故や自然災害など、

出勤障害により遅刻した場合は

遅刻と取り扱わない

 

 

電車が動かなくても

社員は別の交通機関を利用して

出社するものとする

 

 

なんて決めておけばいいですよ

 

 

 

もし出社しない場合は

年次有給休暇の“事後申請”も

OKにする

 

 

年休にしないなら欠勤扱い

 

 

 

 

こんな風に

前もって決めて周知しておけば

 

いざとなっても

慌てないし

もめない

 

 

会話
これ大事です!
まだならすぐ決めましょう!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss