兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

勤務間インターバルって?設備投資の助成金もあります

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.740

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勤務間インターバル

 

って、ご存じですか?

 

 

 

読んで字のごとし

 

 

前の日の仕事終わりから

次の日の朝の仕事始めまでの

あいだの時間

 

 

長時間労働が

常態化している職場では

 

この勤務間インターバルが

短いという傾向がある

 

 

 

 

たとえば

夜中の11時まで仕事して

 

次の日の朝6時から仕事をしだしたら

インターバルは7時間

 

 

こんな働き方をしていると

長続きしないし

何よりも健康を害する

 

 

中年でいきなり脳卒中や

心筋梗塞を発症したりすることが

普通より多く

 

過労死の原因でなのは明らか

 

 

 

 

なので

こんなことを防ぐために

 

 

インターバルを長くとるように

という努力義務

事業主には求められています

 

 

でも医者の世界や建設現場

そして運輸や運送業の世界では

 

どうしても長時間労働が

普通なので

 

現在

これをどうにかすることが

求められています

 

 

 

 

 

その中こないだ厚労省で

労働政策審議会が開かれ

 

自動車運転手の働き方に

11時間の勤務間インターバルを

もうけることを

 

 

努力義務にするという

方針が示されました

 

 

11時間というと

朝の9時から仕事を始めるなら

前日は夜の10時までということになる

 

 

 

 

タクシー運転手さんは

どうしても稼ぐために長時間

働きがちですが

 

これを機に

少しでも健康管理ができるよう

前向きにとらえていただきたいものです

 

 

 

 

この勤務間インターバルって

 

会話

助成金の世界でも

「取り組み目標」になっているものが

あります

 

 

それは

 

「働き方改革推進支援助成金」

“勤務間インターバルコース”

 

「働き方改革推進支援助成金」って

このブログでも今週2回にわたって

 

“労働時間短縮・年休促進コース”の

ご紹介しましたが

 

 

助成する内容は同じです

 

 

つまり

労働能率をアップさせる設備投資の

費用を80%助成してくれる

 

 

 

 

ただそのための

成果目標

 

つまり取り組む労務環境の

改善目標が違います

 

 

年休促進コースなら

特別休暇や時間単位年休などの

導入が成果目標ですが

 

 

勤務間インターバルコースは

まさに会社に「勤務間インターバル制」を

導入すること

 

 

 

そのインターバル時間を

9時間にするなら

助成金の上限は80万円

11時間なら100万円

 

ただ対象事業主に

大きな条件が付いています

 

 

それは

 

36協定を締結しており

過去2年間に45時間を超える

時間外労働の実態がある事

 

 

つまり長時間労働が

常態化している職場限定の助成金

とも言えます

 

 

 

 

しかもちゃんと36協定を

結んでいるか?

 

 

 

会話

この2つの要件

意外とバードルが高いですね

 

 

でも自社の労働時間が長いなら

この助成金使えるかも

 

 

ぜひご確認ください!

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss