兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

会社の定期健康診断、拒否する社員が出たらどうしますか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.817

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会話

急にむし暑くなってきましたね

 

ここ神戸は

海に面しているおかげか

六甲山があるからなのか

 

関西の中では比較的

暑さ寒さに関しては穏やかです

 

 

 

 

私はこれまで

 

大阪で生まれ

奈良盆地で成年まで過ごし

社会人のスタートが京都

 

 

大阪は亜熱帯だし

奈良や京都の内陸の暑さは

尋常ではないので

 

 

神戸は過ごしやすくて

気に入っていますが

 

 

その神戸でも

きのうからは熱中症の

危険エリアになってきたようです

 

皆さまご自愛ください

 

 

 

 

さてきのう

健康づくり助成金のお話の中で

 

社員さんの

年1回の定期健康診断は

 

事業主負担で受けさせないと

法律違反になると申しました

 

 

 

これは労働安全衛生法で

定められていて

 

違反すると50万円の罰金が

事業主に課せられます

 

 

 

かたや従業員にも

会社の健康診断を受ける義務

が課せられているんですが

 

こっちは違反しても

罰則はありません

 

 

 

それと社員さんには

医師選択の自由が認められていて

 

会社が決めた健診施設がイヤで

自分が受けたい医師の検診を受けることも

認められています

 

 

これだけ見ると社員さんの方が

ずいぶんと優遇されているようですが

 

 

 

 

もし会社の健診施設がイヤで

他で受けた場合

 

このときの健診費用は

会社に回すことができるのか?

 

 

 

会話

皆さんは

どっち持ちだと思いますか?

 

 

会社に

健診を受けさせる義務があるから

やっぱこの場合も会社もちかなぁ~

 

と思われるかもですが

 

 

 

 

正解は

こんな場合は会社が持つ必要はない!

 

 

 

会社は社員が健診を受けられるよう

施設の手配など設営することで

事業主義務を果たしている

 

それを聞かず

よそに行くのは社員の勝手で

そこまで会社が持つことはない

 

 

 

 

 

3月に計画受付が終わった

健康づくり助成金

 

この定期健康診断は

対象者が全員受けていることが

助成金認定の条件ですが

 

 

 

もしこれを

拒否する社員がいたら

どうするか?

 

 

 

この相談

意外とよくあるんです

 

 

女性社員が

身長体重の計測を拒否するとか

 

注射が絶対嫌だから

採血拒否というような

子供じみたケースもありますが

 

 

自覚―つまり病識があるので

健診受けて何かわかったら

 

仕事を続けられないかもしれんから

受けたくない

 

というような

困ったケースもあります

 

 

こんな場合

会社はどうすればいいのか?

 

 

 

 

通常なら

定期健康診断の受診は

会社の就業規則に定められています

 

 

つまり社員に対する

会社側の安全配慮義務の面からも

 

 

この受診は会社の命令

とも言えます

 

なので

 

それを拒否するならば

懲戒処分の対象にすることも可能

 

 

 

とはいえ

そこまで荒立てずに

 

この社員さんの健康診断

 

 

会話

社員さんにとっての

メリットが大きいことを

ひたすら伝える姿勢で

説得するのがいい

 

健康状態が悪ければ

 

勤務時間の短縮とか

作業内容の見直しとかして

体調の悪化を防ぐことができるし

 

 

寝たきりになりやすい

脳卒中とか心臓病

 

そしてなんといっても

ガン

 

 

健診で早期発見できるんだから

 

ちゃんと

受けておくに越したことがない

 

 

 

 

 

もし健診を

拒否する社員がいたら

わかってくれるまで続けましょう

 

 

説 得 を

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss