人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

定年後再雇用したら、助成金ってもらえるの?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.828

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し訳ないけれど

タイトル聞いて

 

会話
ウケた

 

 

夏の納涼サスペンス

“再雇用警察官④”

 

 

定年後再雇用され、

消息対応室で働く警察官の

主人公が

 

刑事の勘と人脈を武器に

難事件に挑む!

人生100年時代のミステリー

 

のキャプチャー

 

 

会話
うまいこと考えたなぁ~

 

 

おまけに

主役が

 

高橋英樹さん!

 

絶対面白そう❣

 

 

昔よく見た

火曜サスペンス劇場

なんてものは今はなく

 

 

このテレ東の

再雇用警察官シリーズが

数少ないサスペンスモノらしい

 

 

 

高橋英樹さんと言えば

私ら世代では何といっても

 

桃太郎侍

だが

 

若い人たちには通じないか

 

 

 

 

 

脱線しますが

 

あの

生稲晃子

 

今回の参院選に出てきて

これもうれしかったんですが

 

若い人たちには通じません

(昔、ご本人を目の前で見ましたが

めちゃくちゃ顔が小さかった!)

 

 

 

 

 

 

はなしを戻します

 

 

調べたら

警察官は国家公務員なので

再任用制度がちゃんとあって

 

階級や責任はそのままで

勤務形態も今まで通り

 

ところが給料は

それまでの6割に大幅減

 

 

 

 

これとは別に

再雇用制度もあって

 

こっちは今までいた部署と

違うところでの勤務になって

 

仕事も簡易なもので

勤務も週4日くらい

 

給料も18万~20万らしい

 

 

 

 

となると

高橋英樹さんは

再雇用制度なので

 

気楽でのんびりした職場という

設定ですね

 

 

つまり警官には

2つの継続雇用コースが

あるということ

 

 

 

このあたり

民間とは違いますね

 

 

ふつう民間会社なら

定年後再雇用制度は

それまでと比べ

責任の程度が大幅に下がって

 

当然給料も大幅減

 

 

警官の再任用制度のような

継続雇用はあまり多くない

 

 

 

一部では

継続雇用社員も意欲的に

働けるよう

 

評価制度を導入した会社も

あるようですが少数です

 

 

 

まあ体が動くうちは

働く方が健康にもいいし

てな感じの継続雇用が多いですね

 

 

ちなみに

政府は去年から

 

 

できれば70歳まで働けるよう

雇用継続ルールの見直しを

努力義務ですが

企業に要請しています

 

 

 

 

もし御社の定年後の

継続雇用年齢が65歳までなら

 

それを70歳に延ばせば

助成金の可能性があります

 

 

 

65歳雇用推進助成金の

65歳超継続雇用促進コース

 

です

 

 

 

定年前から勤務していて

いま継続雇用中の方が

一人いるなら

 

 

その継続雇用年齢を

70歳にするだけで

30万円の助成金がでます

 

もし元気で意欲のある

継続雇用されている方がいたら

 

会話
検討の価値あり!


LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss