兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

会社に50歳代のパートさんがいたら、この助成金!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.852

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日あるクリニックの

院長に聞いた話

 

 

まだ7月なのに

旦那さんの扶養に残れるか

気にしているパートの看護師さんが

おられるそうだ

 

 

 

なぜかというと

いま発熱外来をしているクリニックは

どこも戦場になっていて

 

看護師さんや

事務スタッフの残業時間が急増中

 

 

その分たくさんお給料を

もらえるのはいいけれど

 

 

このペースだと

だんなさんの扶養を外れてしまう

 

 

なので

年末は働けないかもー

 

という話が出だしている

 

 

 

ただでさえ人手不足なのに

年末の繁忙期にスタッフがいないと

現場が回らない

 

 

えらいこっちゃ

 

 

求人はかけているけれど

なかなかいい方がいないらしい

 

 

 

 

こんな話

前からよくありましたが

 

 

 

公的には

社保には130万円の壁があって

 

 

扶養に入るなら

1カ月の収入は10.8万円まで

 

 

時給1000円なら

1カ月108時間、1週間26時間

 

 

 

ところがだんなさんの会社が

500人以上なら

この壁が106万に下がり

 

時給1000円なら

1カ月88時間、1週間21時間

 

 

 

ということは

時給が1000円より高くなると

1週間20時間も働けない

 

 

となれば東京のように

最低賃金が1000円を超えるところは

 

扶養に残ろうとすると

雇用保険にも入れなくなる

 

 

 

 

ましてや24年10月には

この500人要件が50人に下がる

 

 

つまり

扶養に残るには働くな

というわけで

 

 

女性がより働くことの

妨げになっているのは明白

 

 

 

 

 

 

ならばもう106万や

130万の壁は気にせず

もっと働いた方がいいんじゃない?

 

 

 

時間数を気にせず

もっと働くなら

 

 

社保に自分で入れるし

自分の将来の年金も増える

 

 

健康保険にも自分で入れば

傷病手当金という

万が一のケガや病欠にも

収入保障がつく

 

 

一般的には

年収150万円以上稼ぐなら

 

損よりお得の方が多くなるとか

 

 

 

 

 

会話

もっと働く方を

私はお勧めしていますが

いかがでしょうか

 

 

さて会社の方も

 

 

パート社員でも

雇用保険にさえ入っているなら

使える助成金がー

 

 

もし1年とか半年の

期間契約で雇入れている

50歳以上の方がおられたら

 

 

期間契約ではなく

無期雇用契約に切り替えて

さらに半年勤めてくれたら

 

48万円の助成金を

会社は申請できます

 

 

 

65歳超雇用推進助成金の

高齢者無期雇用転換コース

 

無期転換の時

賃上げする必要もないので

 

キャリアアップ助成金のような

賃上げの条件を嫌う場合は

使いやすい助成金です

 

 

 

 

 

会話

御社にもし50歳代の

期間雇用のパートさんがおられたら

是非ご確認ください

 

 

知らないと、もったいない助成金です

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss