兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

脱サラして、社会保険労務士で独立開業する方法⑥

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.943

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてこのシリーズ

6日目

 

最終日です

 

 

 

2017年8月27日

平成29年度の社会保険労務士の

国家試験が終わりました

 

 

 

夜になったら

資格の予備校から

解答速報が出てきます

 

 

早速

解答控えで確認

 

 

 

まず課題の

択一問題から

 

大丈夫!

 

自己採点結果 51点!

 

ボーダーライン目安の45点を

十分超えています

 

 

 

 

よっしゃぁと思い

得意の選択問題

 

合計 29点!

 

これも点数は大丈夫でしたがー

 

 

エライことに気づきました

 

 

 

選択問題は8科目あって

5つずつの穴埋め問題ですが

 

 

各科目とも

最低3つ(3点)以上

正解がないと不合格

という特殊ルールがあります

 

 

 

 

採点したら

雇用保険が2点でした

 

 

なので

合計でボーダー超えてるけど

2点科目があるので

 

不合格!

 

 

 

このルールって

社労士試験独特のもの

 

 

 

この時の私のように

 

会話

合計はボーダー超えたけど

1科目2点で不合格という方が

山ほどおられていて

これが社労士試験の

難易度を上げています

 

 

何度も見直しましたが

どう見ても2点です

 

 

今年も不合格か!

と覚悟しました

 

 

 

 

ただ、唯一の望みは

 

「救済制度」

 

 

 

もし全体の正答率が

異常に低い場合

2点でも救済合格がありうる

 

 

 

 

 

ただこの希望も

1週間後に大原であった

解答解説講座で打ち砕かれました

 

 

玉置先生がはっきり

おっしゃったんです

 

 

雇用保険の2点救済はない!

 

 

たしかに私の周りに受験生は

ほぼ皆さん3点以上

 

なので

この望みはあきらめました

 

 

 

 

 

完全に落ちたと思ったので

気持ちを切り替え

 

さっそく

2018年受験コースに申し込み

 

1週間の休憩後

また勉強スタートです

 

 

次は絶対合格する!

と決意してー

 

 

 

 

 

 

 

2カ月後

11月6日金曜日

合格発表の日です

 

朝の9時30分

 

 

たぶんアカンやろ~

と思いながら

合格者発表サイトをみたらー

 

 

ええええ?

 

会話
あったー!!

 

確かに私の受験番号が

掲載されてました

 

 

 

 

 

 

正答率の詳細サイトを見ると

 

雇用保険が2点救済!

 

 

 

 

それも紙一重

 

 

5万人の受験者の中であと10人

雇用保険3点以上の受験者がいたら

救済はなかったんです

 

 

もう、ついているとしか思えません

 

 

 

この発表の2週間前

私の母が85歳で逝去していました

 

なのでこれは

母が引き上げてくれた

としか思えませんでした

 

 

 

 

 

 

 

その1年後

ちょうど会社で早期退職の募集

があったので

 

手を上げました

 

 

 

定年まで半年残しの

プチ早期退職でしたが

 

退職後3カ月で開業

今に至ります

 

 

 

未経験、顧客無し

のゼロゼロ開業で

少し無鉄砲だったかと思いますが

 

 

以来3年

おかげ様でフルタイムスタッフを

二人雇用できるところまで

来ています

 

 

 

 

もし私のように50歳過ぎて

セカンドキャリアとして

開業社労士を目指す方がおられたら

 

 

このブログが

そんな皆さんのお役に立てれば

幸いです

 

 

人生はまだまだ長い

 

有意義な人生を過ごすうえでも

社会保険労務士で開業すること

 

会話
お勧めです!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss