兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

いま使える助成金って何なの?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

毎日ビジネスブログ No.945

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナが第8波?

 

このところ

感染者数が下がりきらない状態が

続いていましたが

 

 

またじわじわ

増えてきたようで

 

ひょっとしたら

第8波に入ったんじゃないか?

という専門家もおられます

 

 

 

どうやら

いつまでもこんな感じが

続きそうなので

 

もう割り切った方がよさそうです

 

 

 

今年はインフルと

ダブルで流行する

可能性も危惧されていますから

 

 

できること、備えとして

 

例えばワクチン接種は

インフルもコロナも

しておくに越したことはない

 

 

周りにも

迷惑をかけないように

するためにね

 

 

 

そんな中でも

経済を回復させるべく

GOTO企画

 

飲食や旅行クーポンが

たくさん出てくるので

 

これから年末年始にかけて

人出はどこも相当多くなる

 

 

ならばなおさら

ワクチン接種は必要だ

 

 

 

 

 

 

となれば

助成金はどうなるのか

 

 

コロナが始まって

助成金の代表選手になったのが

雇用調整助成金ですが

 

 

もう終わりです

 

 

先日厚労省から

12月以降の雇用調整助成金

についての

 

方針が発表されました

 

 

これまでコロナ特例という事で

従来から大幅に支給額が拡大されていた

雇調金ですが

 

 

さすがに使いすぎの批判もあり

その支給水準が

徐々に下がってきていましたが

 

とうとう

元の水準に戻ります

 

 

いままで特例金額や

特例の支給率が

普通になっていましたが

 

12月からは

もとの支給日額8355円

支給率3分の2です

 

 

しかも審査も厳しくなりそうで

これまでなんでも通しだった

ユルイ審査も手のひら返しになるかも

 

 

もうおられないと思いますが

いまでも雇調金を申請されていたら

終わりましょう

 

 

これを当てにしているようでは

事業は終わっています

 

 

それよりも

戻ってきた需要の恩恵を受けるべく

今は必死にならんとイカン時期です

 

 

 

 

 

 

助成金も基本的な

王道助成金は多く用意されていますから

 

 

知らなかったので損した!

なんてならないよう

会話
使える助成金情報の収集に努めましょう!

 

 

この奥ママブログ

旬な助成金情報を

これからも発信し続けていきますので

ご期待ください。

 

 

 

 

今はこの2つの助成金!

 

 

キャリアアップ助成金と

業務改善助成金です!

会話
お忘れなく!!

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss