人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

コロナが5類になったら、助成金はこうなる!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.1043

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナのおかげで

たくさんの助成金がでました

 

 

代表選手は

 

雇用調整助成金の特例コースや

緊急雇用安定助成金

ですが

 

 

この3月でその役目を

終えようとしています

 

 

 

 

さらに

これもよく使われた

 

小学校休業等対応助成金

 

 

コロナが学校で流行して

休校になったら

 

子どもさんが家にいるので

お母さんは会社に行けない

 

 

こんなお母さんの欠勤を

会社が有給の特別休暇にして

給料補償したら出る助成金ですが

 

 

 

 

2月3日に

3月31日で終了する

とのお知らせが出ました

 

 

この助成金は学校で

コロナが大流行した1年前は

 

問合せがたくさん来たので

このブログでもその「書き方」を

ご紹介しました

 

あなたにもできる小学校休校等対応助成金の申請書の書き方!

 

 

会話
でも、なくなるわけではありません

 

この名前では終わりますが

 

 

内容はそのまま

「両立支援助成金」に引き継がれます

 

 

 

 

 

育児休業支援コースの中で

新型コロナウィルス感染症 対応特例

 

として引き継がれますので

ご安心ください

 

 

 

またその助成額は

大きく変わりそうです

 

 

 

これまでは

休業した1日上限は8355円

 

これに休んだ日数を

掛けた額が助成額でしたが

 

 

 

新年度からは

休ませた従業員一人当たり10万円

会社に助成されます

 

 

 

会話

1事業主10人まで申請可なので

最大100万円になります

 

 

 

 

以前ほどは

これを使うケースは

多くないかもですが

 

 

これもホンマ、知らないと損しますね

👆知らんかったら損する、神戸元町の”喜八のお弁当”

 

 

 

 

さて最後に

気になるもう一つの

コロナ特例の助成金

 

 

妊婦さんのコロナ特別休暇助成金です

 

 

 

 

 

通常、妊娠した従業員さんは

出産予定日の6週前から

産前休業に入ることができますが

 

 

接客業だったりすると

コロナ感染が怖いので

 

もっと早く休みたいという

希望を出して主治医が認めたら

 

 

会社が有給の

特別休暇にしてあげて

 

実際にその妊婦さんが

5日以上休んだら

15万円の助成金を申請できる

 

 

もし20日以上休んだら

さらに28万5千円上積みされて

合計43万5千円

という

知らんかったら損した助成金なんですが

 

 

 

 

 

コロナが5類になったら

この助成金、残るのか?

 

 

 

まだ発表はありません

 

 

 

 

妊婦さんがコロナ感染したら

通常人より重症化しやすいことは

統計的に示されているし

 

 

コロナ初年には

千葉で感染した妊婦さんが

母子とも助からなかった事件が

あったので

 

 

 

会話

個人的には

名前は変わっても

残るんじゃないかと思うのですが

 

どうなるでしょうか?

 

 

この辺り

今月中には発表があると思いますので

このブログでもご紹介いたします

 

 

もう少しお待ちください!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss