兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

ワンオペ育児の奥さんが妊娠していたら、ご主人は出産予定日よりも前に休ませよう!奥さんワクチン打てるし、助成金も会社に出る!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

537日目

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

 

 

きのうの朝は8時からNHK

 

 

2年半前に会社を辞めてから

朝ドラをリアルタイムで見ることができる

 

 

会社勤めしていたら

8時からの朝ドラなんて

見れるはずもないけれど

 

 

自営になれば

出勤時間は自分で決められるし

しんどいときはゆっくり行ける

 

 

これも自営のいいところ

 

 

 

 

なので朝ドラはこの2年

ずっとフォローしている

 

 

 

 

その続きで

8:15からの“あさイチ“

 

これも家を出るまでの間

いつもながら見

 

 

世間の主婦層やリタイヤ世代の

視聴率が高いらしく

この番組に出るのは一種のステータスになる

 

 

 

 

そこへきのうの朝!

 

わたしの“奥ママ“の名付け親である

「三輪さかえ」先生が登場!!

 

 

 

なんでかというと

このブログで9月9日に紹介した

「コロナワクチン接種 対応託児

 

 

小さなお子さんの面倒を見るのが

お母さんだけのワンオペ育児の場合

 

お母さん自身がワクチン接種に行けない

 

 

 

よしんば接種できても

副反応が出たりしたら

お子さんの相手ができない

 

 

だから

なおさら接種に行けなくなる

 

 

という現実を知ったさかえ先生

 

 

そりゃママたちを助けんと!

 

と思い立って3日で形にした!

 

 

 

この行動の速さと

人を巻き込むパワーは

この方の大きな魅力

 

 

 

託児料金、無料ですよー

 

 

 

お金どうしてんの?

って聞いたら

 

全部寄付

人は全員ボランティア

 

 

っていうから

すぐ寄付しましたよ

 

 

なんせ私のゴッドファーザーやし

 

 

この方のお誘いには

はいとイエスしかない

 

 

 

 

そしたら先週これを聞きつけた

NHKのローカルが取材に着て

中部NHKで流れて

 

 

そんなことやってる事例が

全国津々浦々みても

さかえ先生いがい誰もいない

 

 

っていう事で

なんとNHK全国放送

 

 

しかも高視聴率の

“あさイチ”取り上げられた!

 

 

 

すごいことです

 

 

 

きのうの放送

ハラハラしてみてましたよ

 

さかえせんせ

だいじょうぶかぁ~

変なこと言わんかぁ~

 

 

でも何の心配もいらんかった

とても頼りがいのある先生感

ばっちりでした

 

 

 

 

 

そしたら放送後

さっそく東海テレビからも取材の話

 

時の人になりつつあります

 

 

日頃からリスペクトしている方が

こんな風に取り上げられるの

 

メチャうれしいですわ

 

 

 

 

 

 

 

で、さかえさんが

番組の中でおっしゃっていた

 

「パパも仕事で帰りが遅いので」

どうしてもワンオペ育児になってしまう

という現実

 

 

このワンオペ育児をしているお母さんが

妊婦さんの場合はより深刻

 

コロナがまん延しているから

千葉の事件以後

外にも出れない

 

 

 

ならばご主人が頑張るしかないし

会社もそれに応じた配慮をしてあげるべき

 

 

 

なのでこのブログでも何度も紹介している

男性育休の助成金

活用しない手はない

 

 

 

育児休業は奥さん出産してから

8週以内に5日連続で休むなら

57万円の助成金があるし

 

 

もう一つの

「育児目的休暇」導入の助成金

 

予定日の前6週間からお産後8週間までの間に

飛び飛びでもいいから通算5日以上休んだら

28.5万円の助成金が会社にでる

 

 

これならもし上のお子さんがいて

お産前の奥さんが不安なときに

ご主人が休めば

 

奥さん安心して

ワクチンをうちに行ける

 

 

 

今だからこそ

奥さんおめでたの社員さんおられたら

 

ご主人休ませてあげて

奥さんワクチン接種に行ってもらえばいい

 

 

使える助成金です

 

お忘れなく!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss