兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

来年度の助成金はどうなる?育休助成金は残るのか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

“おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

562日目

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうは久しぶりの早朝登山

 

 

いつものイケメン理容師

イマザキさんに加え

のみ友のRISAちゃんも参戦

 

 

総勢3人の早朝登山でした

 

 

 

 

ルートは“渓谷美と名峰”

「石井ダム・菊水山コース」

 

 

 

六甲山全山縦走という

神戸の恒例行事がありますが

 

この菊水山を石井ダム側から登るのは

全山縦走中、屈指の難ルート

 

 

ここに行ってきました

 

 

 

暑い日が続いてるせいか

まだ紅葉はほとんどなく

残念でしたが

 

これもあと2~3週間で

華やかな山の色になるんでしょう

 

 

 

ダムを超えて難関の急登へ

 

 

 

 

いや~キツイ💦(;’∀’)

 

 

 

 

なかなかの登りが40~50分

到着しました山頂へ

 

 

 

 

見渡せば360度の眺望で

明石海峡大橋から

大阪湾が一望でき

 

遠く和歌山から淡路島も

 

 

これらをながめながら

しばしボーっとしておりましたー

 

 

 

 

と、ここで

あしたのブログネタがひらめいた

 

 

 

眺望→見通し→来年度の助成金はどうなる?

 

 

バンザイ!!

 

 

 

 

10月4日に厚労省の来年度予算の

概算要求案がオープンになりました

 

 

さあ、動きはあるか??

 

 

と、じっくり読みこみましたが

ほとんど変わり映えがしません

 

 

というか

どれもそのまま縮小という印象

 

 

 

おそらく

雇用調整助成金で

めちゃ使ったから

 

どの助成金も少しずつ減らされる

 

おそらく審査もこれまで以上に

厳しくなりそうな予感

 

 

 

 

では

今年イチオシの3つの助成金は

どうなったか?

 

 

1.65歳超雇用推進助成金

2.男性育休推進の助成金

3.機械購入の助成金

 

 

どれも一応来年もあります

 

 

でも2.の男性育休は

10月から法制化されるので

夏か秋口までか

 

 

1.の定年延長助成金や

2.の機械購入はどちらも要件が

厳しくなりそうな感じ

 

 

 

 

正式には4月にならないと

判明しませんが

 

これまでみたいな大盤振る舞いは

ないと思ったほうがいい

 

 

 

 

 

ならば

まだ今年度使える大盤振る舞い

 

 

 

きのうのブログでも紹介した

機械購入の「業務改善助成金」と

男女ともの「育休の助成金」

 

 

まだ使えないか、要検討ですよ!

パソコン、スマホ、タブレットも費用が助成されるかも。その2つの条件とは?

産休前の社員さん。上のお子さんの保育園でコロナ発生、この時会社はどうすべき?

【両立支援助成金】「男性育休助成金」

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss