兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

ストレス発散法が酒なら、助成金は出ないのか??

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.654

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

突然ですがー

 

 

会話

皆さんのストレス発散法って

何ですか?

 

お酒?

 

食べること?

ゴルフ?

 

ランニング?

 

 

 

 

 

 

 

私は

特段これといったものはなく

 

 

というか

起業してから

忙しさのストレスはあるけれど

 

サラリーマン時代のような

人間関係のストレスはない

 

 

 

これも

一人起業の良さ

 

 

 

なので

ストレス発散というよりも

忙しいからだの癒し方といえば

 

スーパー銭湯に行って

半日ゆっくりすること

 

 

 

なんでこんなことを

言うかというと

 

この連休中の記事で

面白かったのがこの話

 

 

「仕事のストレス発散法 世代で差

 

 

バブル期世代のトップは旅行

 

なのに対し

 

Z世代のトップは食事

 

 

 

この定義だと

バブル期世代は51~60歳なので

私はどれにも属しませんが

 

気分的には

バブル期世代に近い

 

 

あの異常な時期を

大人として体験したのは

50歳以上だからね

 

 

 

あの頃は

仕事以外の時間はお金を使って

海外旅行するとか高い食事をするとか

 

 

今でいえば

経済を回していたことになる

 

 

 

 

かたや

今の若い人たちも

食べることに関しては

興味が高いようで

 

 

 

ここ神戸中華街でも

この連休は大賑わいでしたが

ほとんどは若い人たち

 

事務所横の

かわいいケーキ屋さんが

女子高生たちでいっぱいだったり

 

 

超有名なパン屋さんは

若いカップルで長蛇の列

 

 

 

 

ただバブル世代との違いは

値段が安いものを好むようで

 

経済を回す効果は

バブル世代ほどじゃない

 

 

でも飲食店や小売店をするなら

この世代の傾向に合わせることが

成功のカギだとわかる

 

 

 

 

 

 

またこの調査で

男性に限ってみてみると

 

ストレス発散法を

と答えたのは

 

氷河期世代でトップだった!

 

 

 

逆にZ世代やミレニアム世代では

上位5位にも入らない

 

 

えらい違いですね

 

今の若い人たちが

会社の飲み会に出たくないというのも

これでよくわかる

 

 

 

逆に氷河期世代

つまり40歳代の人たちは

 

世間や会社で苦労して

理不尽に耐えてきたからこそ

飲酒にストレス発散を求めるんだろう

 

気持ちはよくわかる

 

 

 

 

 

でも体の管理は

もうぼちぼち

気にしてほしい世代ですね

 

知りあいの40歳代には

アル中になったり肝臓にきたり

 

痛風になって薬が手放せない

という方もおられ

 

 

飲みすぎは

体にいいわけがないことも

よくわかる

 

 

 

 

それで気になるのが

会社の健康診断

 

労働安全衛生法では

 

会社は正社員に年に1回以上

定期健康診断を受けさせなくて     

はならない

 

とされていて

 

これに違反すると

50万円以下の罰金

 

 

 

でも小さな会社では

このこと自体ご存じない

事業主さんもおられ

 

知らないうちに

法違反を犯していることになります

 

 

 

 

逆にこのことを

ちゃんとされている会社なら

会話
助成金の可能性だって出てくる

 

 

 

人材確保等支援助成金の

雇用管理制度助成コース

健康づくり助成金(人材確保等支援助成金)

この中で

定期健康診断に加えて

 

歯周病検診などのオプション検査も

会社負担で受けさせて

 

その結果

離職率が改善するなら

 

57万円の助成金が

会社に下りる可能性がある

 

 

 

 

 

 

すべきことを

ちゃんとしているなら

 

ご褒美として

支給される助成金もあるんです

 

 

 

会話

もしご存じなければ

これ、検討されることをお勧めします!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss