兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

昼休みを2回取ってご飯を2回食べたら、労基法違反なのか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.656

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうは

就業規則の打ち合わせ

 

 

最近多いです

就業規則のご相談

 

 

トラブルがあったので

ちゃんと整えておきたいとか

 

古いので新しくしたい

というニーズがあります

 

 

 

 

正月明けから

3社同時進行

 

 

1か月2回ペースで面談して

2~3か月かけて仕上げます

 

 

社長さんのお考えがよくわかるし

社長さんも聞きたかったことの

解消になる

 

 

やはり

リアルで面談が一番

 

 

 

 

 

 

で、終わったら

ちょうどお昼前

 

会社前の中華のお店の

麻婆豆腐がおいしそうなので

 

入って完食

 

 

満足な気分でいたら

奥さんから電話が

 

 

 

あ!

しまった!!

 

 

お昼ご飯を

一緒に食べる約束を

会話
コロッと忘れてたぁ!!!

 

 

 

なので

 

頑張ってご一緒することにした

 

 

奥様は

えっ?まだ食べれんの?

と言ったけど

 

 

少し無理をした

 

 

 

 

 

2回目の昼食は

午後2時からなので

 

2時間空けば大丈夫

 

 

 

次は事務所近くの

お気に入り中華

 

 

マーボー

ではなかったけれど

こちらもおいしく戴きました

 

 

 

 

 

なのできのうは

2回お昼休みを取ったことになるけど

 

仕事中の休憩って

労働基準法で何回取れとは

決められていない

 

 

 

決められているのは

 

時間と取り方

 

 

 

時間は

 

その日の労働時間が

6時間を超える場合は45分以上

 

8時間を超える日は

60分以上取らせないといけない

 

 

 

ということは

労働時間がちょうど6時間なら

 

休みを与える必要は

ないということになる

 

 

でも実際は6時間でも

与えているのが普通

 

 

 

 

また8時間超の労働時間なら

1時間以上というだけで

 

別に1時間半や

2時間であってもかまわないし

 

2回とか3回に

休憩を分けても構わない

 

 

 

 

よく建設業だと

お昼休みの1時間以外に

 

午前中に10時から15分間

午後は3時から15分間

お茶休みをとっていることがよくあります

 

 

危険を伴う作業なので

集中力をきらさないよう

途中で休憩を入れるのも大切

 

 

 

 

 

 

あと休憩は

一斉に取らせないといけない

 

一斉付与の原則

というルールがあります

 

 

でも仕事によったら

お昼休みを交代でとることも

ありますよね

 

 

その場合は

労使協定を結べばOK

 

 

 

あと

 

途中付与の原則

というものもあります

 

つまり休憩は

労働時間の途中に与える必要がある

 

始業時間から

いきなり休憩はダメということ

 

 

 

 

最後に

 

自由利用の原則

 

つまり休憩時間中は

何をしていても労働者の自由

ということ

 

 

ただ外出するときは

上司の許可を取ることを

会社が求めること自体は問題ない

 

 

 

あとお昼休み中に

政治活動をするとか

ビラを撒くという行為に

 

会社のルールとして

制限をかけるとか

事前許可制にするのは問題ない

 

 

 

こんな風に

休憩の取り方一つを取ってみても

色んなケースが想定されます

 

 

場合によっては

会社の安定を損なったり

 

いわゆる企業秩序の維持に

支障をきたす場合だってありえます

 

 

これも就業規則を整えて

社員さんに周知しておくことで

トラブル予防になりますね

 

 

 

 

 

 

 

さて

ゆうべの晩御飯

 

ヨメから出されたのはー

 

会話
バナナ1本!!🍌

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss