兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

飛行機で通勤したら、助成金はもらえなくなるのか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.657

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こないだヤフー

 

4月から飛行機通勤を認める

って発表したら

 

お昼のワイドショーでも

話題になっているらしく

 

 

カッコええやん,飛行機通勤て

 

とはうちの奥さんの弁

 

 

いまヤフーの

通勤手当の上限は

1日6500円で月15万円

 

 

 

4月から

これを青天井にする

 

手段も

飛行機もOK!

 

 

もうかってる会社は

社員満足を上げることに経費投入できるし

それがまた好循環を呼ぶんやろな

 

すごいね、ヤフー

 

 

 

 

 

 

ほな

会話

飛行機通勤って

なんぼかかるねん?!

 

 

調べてみた

 

 

ヤフーの本社は東京

 

もし札幌から“通勤“したら

やすいLCCなら往復1万円であるかも

 

けど

JALやANAなら2~3万かかる

 

 

これが実費支給として

給料に上乗せされる

 

 

 

 

としたら

あっ、いいことばかりではない!

 

 

通勤手当の金額は

社会保険料の算定に含まれるので

 

社保の保険料が高くなる!

 

 

もし月15万円の上限額を支給されたら

 

年収が180万円増えることになるので

給料から思った以上の

社会保険料がひかれることになる

 

 

社保の保険料は

ただでも高いから

さらにひかれた感が強くなるだろう

 

 

まあそんな人は

それだけたくさん

給料もらってるんやろうけど

 

 

 

ところでこの通勤手当って

 

実はー

 

会社が絶対支給しないといけない

というものではない

 

 

あくまで

会社側の自由裁量

 

 

でもふつう

支給しない会社なんて信じれんわ!

と、言われかねないので

まず出ています

 

 

で、金額ですが

実費相当分で非課税限度額を

上限にすることが普通です

 

 

 

ところでこの通勤費

会話
助成金の支給に影響はあるのか?

 

 

たいていの助成金では

対象にする社員さんの給料明細や

賃金台帳を添付して申請しますが

 

交通費の項目はチェックされるのか?

 

 

 

答えは

チェックされることはまずない

 

ただ、もし

飛行機通勤なんかしていたら

 

金額を見てびっくりされて

確認が入るかもですが

 

そうでもない限り

何も言われない

 

 

 

 

 

あとキャリアアップ助成金では

契約社員から正社員に転換する際

3%以上の賃上げが条件ですが

 

 

 

この3%のベースの給料額には

通勤費は入りませんので

ご安心ください

 

 

あと通勤にマイカーを使うとか

自転車やバイクの場合

どうすんの?

 

とか

徒歩通勤は払わんでいいの?

 

なんてことがよく相談されます

 

 

 

社員それぞれが勝手を言い出したら

収拾がつかなくなります

 

でもこれも

会社側の自由裁量ですから

 

不満が出ないよう

公平に整える必要があります

 

 

 

会話

もしお困りのことがありましたら

ご遠慮なくご相談ください

 

 

最後に

 

マイカーや自転車、バイク通勤を認めるなら

注意すべき事、整えるべきことが

多々あります

 

これが面倒だから

これらの通勤は認めない

とする会社もあります

 

 

これらのことはまた

別の機会にお話ししますね

 

 

 

 

でもまあ

 

会話

一度やりたかったなあ

飛行機通勤!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss