兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

コオロギをたべる?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

“おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

 

 

465日目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんコオロギって

食べれること

ご存じですか?

 

 

え~、気持ちわるー

と言われそうですが

 

 

れっきとしたビジネスとして

成り立っていきそうらしい

 

 

 

 

いま世界レベルで見たら

人口増と気候変動で

将来的な食糧不足が懸念されていて

 

昆虫食への注目が高まっているとか

 

 

 

そんな中

昆虫食スタートアップの会社が

 

兵庫県内の廃校を利用して

コオロギの養殖を始める

 

 

 

 

味は何となく予想はつくけど

えさの量や種類を調整することで

 

エビやカニに似た風味が

再現できるらしい

 

 

そのうち

コオロギのつくだ煮が

出てくるかも

 

 

 

 

 

風味が似ているということなら

3日前に紹介した「ほぼウナギ」や

「ほぼカニ」も同じ

 

 

これからこんなフェイク食が

いろいろ出てくるかもしれない

 

 

 

 

 

でも助成金の成果では

フェイクがダメなのは当たり前

 

不正受給や詐欺罪になって

強烈なペナルティが来る

 

 

 

 

ところが助成金実務の中で

時にはリアルよりも形式

と言われるものもある

 

 

 

4月に育児休業取得の助成金の

支給申請に行ったときのこと

 

 

 

この助成金

女性従業員さんの

おめでたがわかったら

 

 

産休前の働き方や

育児休業中や復帰のことについて

 

2回面接をして

記録を残すことが求められる

 

 

この記録を書く様式が決められていて

「産休・育休復帰支援面談シート」という

 

 

面談結果について上司がまとめて

その記録を産休する従業員も

内容確認して両者がサインする

 

 

 

 

ところが昨今の押印廃止の流れなのか

サイン(署名)までも必要ではなくなった

 

 

なので4月から様式も

ほんの少し変わり

印字でよくなった

 

 

 

 

それで4月に従前の署名いり

面談シートを持って行ったとき

アカンと突き返された

 

 

 

これリアルな署名捺印入りやで

それでもアカンの?

と粘ったけど

 

 

“形式“の一点張り

 

 

 

それやったら従業員さんが

知らんとこで

勝手にシート作られてても

わからんやんか

 

と言っても無駄な抵抗

 

 

まあお役所はそういうところです

抵抗しても仕方がないんだけどね

 

 

 

 

でももちろん

本当に面談して復帰支援するのが

会社の務めですから

 

 

やって当たり前のことは

当たり前にこなしていきましょう

 

 

 

 

 

 

 

さて

きのうのランチは

 

週1はいかないと気が済まない

喜八のお昼のお弁当

 

 

やっぱおいしいわ

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss