兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

オクダは前科モンなのか?(2)勘違いや思い込みには要注意!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

“おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

 

 

468日目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうの

私が昔、警察に捕まった話の続きです

 

 

 

さて東宮御所の石垣から

引きずり降ろされて

 

真ん前のカナダ大使館の

事務所に連行された私とM島

 

 

 

まず持ち物検査

 

未成年だったけど

タバコが出てきても

何にも言われない

 

へ~

 

 

学生証で身元チェック

自宅と言っても下宿なので

下宿先と大家さんの名前を聞かれる

 

 

それですぐに

パトカーに乗せられ赤坂署へ連行

 

 

あのパトカーの後部座席の

席の冷たさは今も忘れない

 

 

 

 

 

 

赤坂署では事情聴取と

途中から延々説教

 

 

 

公園とちゃうんですかぁ?

と関西弁でしゃべったら

あきれられた

 

 

きみ、ホントに知らないの?

あそこには

皇太子殿下がお住まいなんだよ!

 

 

ええええ

 

 

 

 

 

私たちの罪は

建造物不法侵入未遂

 

 

未遂なのでタイホはしない

 

 

でももし中に入っていたら

未成年であってもタイホしていた

 

 

と言われ

冷や汗タラリ

 

 

 

 

 

なので聴取にあたった警察官の

言うとおりに反省文を書き

 

母印ではなく

子印(小指)を黒インクで

押すよう言われた

 

 

なので私の反省文は

今も赤坂署に残ってるかもしれない

ないかぁ

 

 

 

それが夜中の3時ごろ

 

 

 

で本来なら釈放

という段になって

 

 

“未成年だから身元保証人が

迎えに来ないと出れない”

と言われ困った

 

 

身元保証人は大家さんなのだが

 

誰が好き好んで

夜中の3時に来るかいな

 

 

 

じゃあ、留置場で泊まって

くさい飯でも食っていくかぁ

 

と一旦なってゾッとしたけれど

 

 

私たちの素直さがよかったのか

こんなメンドクサイやつら

はよ出せよという声があったのか

 

 

4時になって

特別に帰してあげるとなった

 

 

 

 

 

 

というわけで

 

きのうのブログを読んだ

くちさがない友人たちは

 

「前科1犯奥田社労士事務所」や~

とか

 

「元前科者が更生して世の中の中小企業を

救うために社労士として立ち上がった」ていう

プロフィールにしたら

 

なんて言われましたが

 

 

 

私は前科モノではございません

 

 

 

でもあの有刺鉄線付きの

生け垣を超えていたら

 

間違いなくアウトでしたよ

 

 

 

 

 

 

朝の4時過ぎ解放されて

もう明るくなりかけていた青山通を

M島とトボトボ歩いてたんやけど

 

 

私たちの前に

ハタチ位の女性が

ふらふらと歩いていて

 

しばらく同じ方向に歩いてたんですがー

 

 

そのうちスポーツカーがやってきて

その子に何か話しかけている

 

 

ナンパ?

と思ったらその子

その車の中へー

 

 

 

東京ってこわいとこやな~

とM島と言ったのを今も思い出す

 

 

 

 

 

さあ下宿に帰ったら

大家さんから大説教

 

昔なら銃殺されててても

文句言えなかったんですよ!

 

 

ハイ、非国民になるところでした

 

 

 

 

 

そういうわけで

1人語りにお付き合いいただき

ありがとうございました

 

 

この話のオチは?

 

 

勘違いや思い込みには要注意

ということでお許し願えればと存じます

 

 

京都御所は公園でも

東宮御所は公園じゃなかった

 

 

 

助成金の世界でも

勘違いや思い込みのせいで

アウト!になることがよくあります

 

 

そんな事例も

このブログで紹介していきますね

 

 

 

ではまたあした

 

 

 

 

明日のネタは

「オクダ、2回目のワクチン接種うける!」

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

この記事へのコメント

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss