兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

 御社の休憩時間、就業規則でどう書いていますか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.765

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうの

5月2日は月曜日

 

 

4月29日から5月1日までの

3連休と

 

5月3日から5月5日までの

3連休の真ん中なので

 

ゴールデンウィークの

中 休 み

 

 

なので働いている人が多いやろ

と思っていたら

 

 

朝のいつもの電車が

すいている

 

 

 

で、事務所のすぐ前に

超人気のRIKIというパン屋さんが

あるんですけど

 

 

なんと

朝の8時過ぎから

大行列!

 

 

休みの日なら

ある風景ですがー

 

 

 

 

会話

やっぱ世間の皆さんは

5月2日も休みにして

7連休!

ということなんですね

 

 

 

中休みと言えば

 

労働の途中には

必ず「休憩」入れないといけない

 

休みなしで働き続けると

仕事の効率が落ちるし

 

なによりも集中力が切れて

労災の原因になりかねない

 

 

 

 

なのであくまで

労働者の安全管理上

休憩はいれんとあかん

 

 

 

それもルールがあって

6時間を超えて働くときは

途中で最低45分

 

8時間を超えるときは

途中で最低60分の休憩を

入れることが

 

労働基準法で決められています

 

 

 

 

最低45分とか60分なので

もちろん90分休んでもいいし

2~3時間休んでもいい

 

 

 

よくみられるのは

建設現場だと

 

お昼の1時間休憩以外に

10時から15分間と

午後3時から15分間も

休憩されていることが多いですね

 

 

 

これはまさに労災予防

 

 

夏場や冬の寒い時なんかは

絶対必要でしょうね

 

 

もちろんこの休憩時間も

会社の就業規則に明記しておかないと

イカンのですが

 

 

 

よく

休憩は「正午から午後1時まで」

とか

「午後12時30分から午後2時まで」

と時刻を明記することが多いのですが

 

 

 

これ実は

時刻の明記は

求められていないんです

 

 

 

そう、労働時間は

「始業および就業の時刻」は

明記すべきと労働基準法で

定められていますが

 

休憩の時刻の明記は

求められていない

 

 

 

なので別に

休憩は60分と

時間だけ書いても問題ない

 

 

 

また

もちろん休憩なので

 

就業時間の「途中」

に与えるのが当然

 

 

始業から1時間休憩とか

終業前の1時間休憩なんてことはアウト

 

 

 

 

助成金の申請の中で

必須なのが就業規則

 

 

この中の休憩時間も

審査の中では

必ずチェックされて

 

 

提出した出勤簿に

書いてある休憩時間と

 

就業規則で定めている

休憩時間が違うだけで

労働局から問い合わせがきます

 

 

 

なぜなのか

合理的理由を求められるわけです

 

 

 

なのでこの就業規則

 

 

働く現場の実態に即したものに

整えておかないと

思わぬ落とし穴があったりします

 

 

 

いかがですか?

 

 

御社の就業規則は

今の実態に

合わせたものになっていますか?

 

 

会話

5年も10年も前に

作ったままにしていませんか?

 

 

 

助成金はもちろんですが

それ以上に

 

 

働くルールが実態と乖離していると

困るのは社員さんですし

 

思わぬ労務トラブルの

原因にもなりかねません

 

 

 

 

もし古いままなら

就業規則も最新の法令

実態に合わせたものに

整えておきましょう

会話
就業規則も 
お困りの時は
奥ママまで!

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss