兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

いい仕事をするには休暇が必要。年休とりやすいように助成金も。

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

毎日ビジネスブログ No.784

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

完全休養のきのう

 

ジェット機とばして

行ったのはー

 

 

茨  城  県 !

 

 

 

都道府県別 魅力度ランキング

全国最下位!

あの茨城です

 

 

 

 

 

茨城と言えば

水戸納豆のとおり

 

空港には

ねば~る君がいたり

 

 

 

知らんかったけど

茨ひよりという県公認の

キャラクターがいたりと

 

 

そのイメージ払しょくのために

努力をなさっています

 

 

 

 

 

 

 

で、茨城に来た理由ですが

 

それは

 

追悼コンペに参加するため

 

 

大学時代、わたしは

山登りのサークルにいまして

 

年間40~50日くらい

四季を問わず

山に入っていましたが

 

 

そのクラブの同期で

Fという極めて

頭脳明晰な男がいました

 

 

 

人情の機微もよくわかっていて

青いことばかり言う同期の中で

唯一大人の判断ができたのが彼でした

 

 

山の中でも強く

まさに同じ釜の飯を食った仲間

 

学生時代の

こういう関係性は一生モノですが

 

 

 

そのFが

2年前に急逝

 

大きな衝撃でした

 

 

 

 

 

それから2年

 

シングルの腕前だった

彼のメンバーコースでの

 

追悼ゴルフコンペが今日

開催されます

 

 

 

 

 

 

 

ゆうべは

土浦で前夜祭でしたが

 

 

60過ぎた男は

白髪か禿げるかどちらかで

 

 

久しぶりに会う仲間もいて

Fをしのびながらも

たのしい時間を過ごしました

 

 

 

 

 

 

 

ところで

私は今、このコンペには

絶対出ないといけないので

 

強制休暇中

ですが

 

 

 

会社の年次有給休暇って

3年前から5日以上休ませる

というのが法律になっています

 

 

もう少し詳しく言うと

 

10日以上年次有給休暇の

日数を持っている社員には

 

5日以上は

年休をとらせないとイカン!

 

 

 

 

でも実態はなかなか

そうはいかないものなので

 

考えられた工夫が2つあります

 

 

一つは

 

「計画的付与」

 

1年のうち

年休の消化日を前もって決めて

労使協定を結び

 

少しでも5日取得しやすくさせる

というやり方

 

 

 

もう一つは

時間単位の年次有給休暇の取得

を認めること

 

 

 

年休って

ふつうは1日単位か

半日単位でしか取れないのですが

 

これを1時間単位でも使えるように

労使協定結んで

会社でルール化する

 

 

 

この2つで

結構、年休消化が進むものです

 

 

 

 

助成金にも

この2つの取り組みを

要件にしているものがあります

 

 

 

働き方改革推進支援助成金の

労働時間短縮・年休促進コース

 

です

 

 

これは労働効率をアップさせる

機械購入などの設備投資の費用を

助成するものですが

 

年休の計画的付与を

社内でルール化するなら

上限50万円の助成金が出ます

 

 

また時間単位年休も

社内でルール化したら25万円

 

 

この2つを合わせてすれば

75万円の助成金が出るかもです

 

 

 

 

これもまさに

 

知らないと損する助成金

 

 

 

これから設備投資を考えていたら

この助成金使えないか

先にチェックいたしましょう!

 

 

 

会話

さあこれから

今日は1日

ゴルフを楽しみます!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss