人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

育休給付金の手続きは会社の仕事です。大丈夫ですか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.1121

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと     

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸の夙川沿いに

恒例の鯉のぼりが飾られています

 

例年4月後半から5月上旬に

阪急の夙川駅あたりに多く見られるので

季節感があってとてもいい感じ

 

 

そう、端午の節句ですからね

 

 

 

 

 

 

先日

育児休業助成金のお手伝いの

依頼をいただいた社長さんから

 

育休とる人の給付金の手続き

 

以前やったことがあったけど

めちゃ大変だったので

 

 

会話

助成金とセットでお願いしたい!

というご依頼をいただきました

 

 

 

 

そう、この給付金手続き

初めてならメチャ大変

 

 

 

この辺りを今日はまとめてみました。

いざという時に使える保存版です!

 

 

 

 

 

会社が手続きする給付金

 

健康保険から出る“出産手当金”

雇用保険から出る“育児休業給付金“

 

 

 

つまり

健康保険と雇用保険の

2つの保険手続きを

 

協会けんぽ(年金機構)とハローワークに

申請する必要があります

 

 

 

 

 

 

 

まず健康保険

 

 

産前休業6週間と産後休業8週間の

計14週間の所得補償として

出産手当金が出ます

 

 

金額はその方に設定されている

標準報酬月額の日額の3分の2

 

 

 

標準報酬月額は

給料明細に書いてますので

その額を30で割れば日額が出ます

 

その額に産前・産後休業した日数を

掛けたら出産手当金の金額です

 

 

 

通常は、産後休業が終わってから

まとめて請求します

 

 

 

 

さらに社保の手続きが必要で

産前休業開始から育児休業が終わるまでの間

 

ずーっと

社保の保険料が免除されます

 

 

これは

社員さんも会社負担分も

タダになりますが

 

 

年金計算上は払ったことになるので

絶対忘れられません

 

 

 

この社保保険料の免除手続き

 

 

産前休業入った時と

育児休業に入ったときの2回

申請が必要

です。

 

 

 

 

 

 

次に雇用保険

 

育児休業給付金の申請

 

 

こちらは

 

育休開始後、半年間

休む前にもらってた給料の3分の2

 

半年経過後は2分の1

がもらえますが

 

 

 

 

こちらは2カ月ごとの申請になり

申請期間も限定されているので

期日管理が大変です

 

 

 

育休とっている期間は

1年くらいが多いですが

 

この申請を忘れたら、給付金はもらえなくなる

 

 

添付すべき資料も

タイムカードや賃金台帳

母子手帳や取得申出書などなど

 

たくさんあって

これらを揃えるのと

書類の作成が大変

 

 

 

 

 

御社が初めてこの

手続きをするとなれば

事務担当者はノイローゼになるかもです

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの一連の手続き

社会保険労務士が専門ですので

委託されるのが賢明です

 

 

 

 

さらに言えば

 

会話

育児休業の助成金にも対応できるなら

なおいいですね

 

 

 

でも残念ながら

 

多くの社労士さんは

手続きはできるけれど

助成金には対応できない方が大半です

 

 

 

そんな時はぜひ

弊事務所にご連絡ください

 

 

 

多くの育休助成金

実績がありますので

育休手続きセットで

受けることができます

 

 

 

会話

社員さんのおめでたが

わかったら、お忘れなく!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss