兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

知らないと損する助成金!どんな時に権利があるか、ご存じですか?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

みなさんこんにちは

 

助成金への取り組みを通して

会社の体質強化を支援する

 

 

神戸の

助成金総合コンサルタント

 

“おくママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

 

毎日800字以上ブログ生活

 

 

 

479日目

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての方へ

 

これは助成金専門家の奥ママが

助成金対策が会社の労務管理の

充実につながるとの想いのもと

 

まいにち発信しているブログです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうのお昼は神戸港

午前中、港の会社で就業規則の打ち合わせ

 

その帰りに岸壁に出るとー

 

 

おお~

 

日本丸と海王丸が停泊しています

 

 

この航海訓練所の大型練習用帆船

 

 

コロナ前は横浜とか東京に

停泊することが多かったけど

 

 

コロナが流行って

今は神戸を中心に動いているらしい

 

 

 

 

この2艘が並ぶ景色は珍しいらしいので

結構なぜいたくな時間かもしれない

 

 

真昼の太陽の下でしたけど

風もあって気持ちよかったですよ

 

 

やっぱ夏はいいですね!

 

 

 

でもその足で入った法務局の入り口で

おでこのセンサーで検温したら

なんと41.1度!

 

 

そんな熱出たことないからワロタけど

手首で再検したら36.2度で

ホッとしました

 

 

 

 

このようにいま

神戸港には2大帆船が停泊中ですが

 

 

今年の助成金で2大おススメと言えば

「働き方改革推進支援助成金」の

“労働時間短縮・年休促進コース”と

 

「65歳超雇用推進助成金」の

”65歳超継続雇用促進コース”

 

 

 

どちらもきのう書いた

時流にのった助成金です

 

 

お国が持っていきたい方向を

先んじて取り組むならば

破格の助成金が用意されている

 

 

 

いわゆる目の前ニンジン

 

 

 

でもどちらも

先々はいずれそうなるんだから

頑張って今取り組んでおけば

助成金がもらえる

 

 

 

まさに

知らないと損する助成金

 

 

 

助成金の財源って

雇用保険の保険料なんだから

 

従業員さんの保険料を出している

事業主さんは等しく権利があるわけで

 

 

なのにどういうときに

その恩恵に浴せるのかが

わかりやすく案内されていない

 

 

これが問題なんですね

 

 

 

私はこのわかりにくい助成金を

どんな時に権利があるのか

 

これからもわかりやすく

紹介していきますので

この毎日ブログ、チェックしてくださいね

 

 

んで、そのあとのランチは

カレー!

 

夏はカレーです

 

お気に入りの双平カツカレー!

もお、大好きですわ

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□

助成金活用を通じて

社長さんの『ヒト』と『お金』の悩みをサポート

設備投資も可能にする神戸の専門社労士

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss