兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

キャリアアップ助成金が難しくなるって、どういうこと?①

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.835

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのう

キャリアアップ助成金の

問い合わせがあった

お客さんに会うため

 

阪急電車に乗ろうとしたら

偶然よく知る同業の方とご一緒に

 

 

 

15分ほどでしたが

情報交換しましたよ

 

 

話題は

 

10月以降難しくなる

キャリアアップ助成金について

 

 

いま社労士の世界では

この話題でセミナーが

開催できるくらい

 

助成金をあつかう

社労士の間では関心が高いです

 

 

 

おそらくですが

これまで自力で

この助成金を申請していた会社は

 

 

よほどの準備をしないと

来年は不支給の嵐ではないか

と噂されています

 

 

社労士でも

助成金を扱われない方は

近寄らない方がいいかも

 

 

 

会話

会社で取り組むなら

助成金を専門に扱う社労士さんに

絶対相談すべき

 

 

そんな方は

情報収集を怠らず

対策を講じておられますから

 

 

 

 

では

 

なにがこれまでと違うのか?

 

 

キャリアアップ助成金って

1年とか半年の

契約期限付き契約社員を

 

賃上げを伴って

「契約期間の定めのない」フルタイムの社員

=正社員に登用すれば

助成金の対象になる

 

 

つまり契約期間だけを

有期から無期に転換して

 

働く時間がフルタイムであれば

大丈夫でした

 

 

少なくとも

今年9月の転換までは

 

 

 

 

ところが

 

10月1日以降の転換からは

 

これだけでは

助成金審査上、正社員とは

認めてくれなくなるんです

 

 

加えて必要なものがあります

 

昇給と(賞与または退職金)

 

これ

経営が厳しい会社にとっては

結構ハードルが高い

 

 

 

 

まず

昇給

 

正社員には「原則」何月に行う

と就業規則に明記する必要があります

 

 

しかも支給申請の時に

賃金台帳を出しますが

 

これを見て

もし昇給していなかったら

 

会話

どうして上げていないのか

明確な説明が求められます

 

 

例えば

コロナ禍の初めころなら

 

会社の経営状態が

急速に悪くなったという理由で

通るかもですが

 

そんな時でも

売上表とか勘定元帳の

添付を求められそうです

 

 

そんな理由もなく

説明できなかったら

 

助成金は間違いなく不支給決定

 

 

 

 

それからもし

 

降給もあるとなった場合

大丈夫なのか?

 

 

 

会話

これ実は

まだはっきりしません

 

 

助成金審査の担当者も

言葉を濁されます

 

 

 

 

降給の文言が就業規則にあるだけで

不支給の理由になるかも

と言う方もおられますが

 

 

 

私見ですが

勤務成績が悪い場合は

降給もあると書くこと自体は

問題にはならないと思います

 

それでも

どんな場合が降給になるのか

 

具体的な人事評価シートと

昇給降給表が必要かと思いますし

 

もし該当社員が降給していたら

その方の評価シートを

示す必要もあるでしょう

 

 

 

会話

無難なのは

一切、就業規則には

降給の文言は入れない

 

 

「原則」〇月に昇給する

ただし会社の経営状況によっては

昇給しないこともある

てな感じでしょうか

 

 

でも

降給することもあるよ

と書くなら

 

 

「原則」〇月に昇給する

ただし会社の経営状況によっては

昇給しないこともある

 

また人事評価制度の結果が

マイナスである場合は昇給せず

降給する場合もある

 

として

昇給がない時や

降給した時は

 

人事評価シートを添付することが

必要でしょう

 

 

 

あ、「昇給」だけで

紙面が尽きました

 

 

これだけで

1週間ブログが書けそうです

 

 

では明日

「賞与または退職金」について

私見を述べますね

 

 

会話
乞うご期待です!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss