兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

毎日ブログのためには、体のメンテナンスも大事です(^▽^)/

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.897

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのうの日曜日は

体のメンテナンス

 

 

ブログ仲間の

 

トータルケアーサロン

YU-BI(ゆうび)

 

オーナーのまゆりこと

中野真弓さんに施術してもらいに

大阪の四条畷へ

 

 

大阪府四條畷市のビューティーサロン|YU-BI(ゆうび)
ビューティーサロンYU-BI(ゆうび)では、身体と心に働きかけて、身体が本来持っている代謝機能を引き出すお手伝いをいたします。健康なボディと美しいお肌を手に入れるために、フェイシャルマッサージやリンパマッサージ、整体、痩身などのメニューでお応えいたします。

 

まゆりさんは

元はエステティシャン

 

そこから専門軸を横にのばし

マッサージの腕に磨きをかけ

 

今は

鍼灸を会得すべく

 

毎日夕方から

若い人たちに交じって

鍼灸の学校に通っている頑張り屋さん

 

 

 

血流めぐり整えるってこと目的にしてるYU-BIセラピー | 癒すことで元気とビューティー取り戻すリバースエイジング (ameblo.jp)

 

 

施術を

お願いした理由は

 

ここ数年

慢性的な肩こりと

 

背中の軽い疼痛に

悩まされているので

 

 

 

 

まず最初は

YU-BI ご自慢の

 

岩 盤 浴

 

ここに30分

 

 

自然と寝てしまうが

軽く汗もかく

 

 

 

 

 

さらにこの間

眼の上に

 

水素セラピー

なる

まぁるいモノをのせる

 

 

岩盤浴とこの水素セラピーで

まず体の固さをほぐすそうだ

 

 

 

 

気持ちがいい

岩盤浴が終わったら

いよいよ施術

 

 

 

ざっと背中を

さわってまゆみさんが

ひとこと

 

うわ~、詰まってるなー

 

 

要はカチコチらしく

 

オイルつけて

ピーラーやハンドを混ぜて

90分間

 

ひたすら肩から腰までと

腕をマッサージ

 

 

 

さすがゴッドハンド

痛かゆいツボに手が届くようで

とても気持ちがいい

 

 

 

どうやら私の背骨は

正しく湾曲していないらしい

 

 

それと

デスクワークが多いので

 

腕から来る疲れが

背中に悪い影響を及ぼしているそう

 

 

 

 

 

そして聞かれた

 

奥ママ、休みとってる?

 

いやー年中無休

 

 

やっぱそやね

せめて月イチでいいから

完全オフの日つくったほうがいいよ

 

 

 

 

まあ

この毎日ブログもあるし

 

ココイチの宗次徳二さんの

ハードワーク宣言に共感したので

 

 

会話

年中無休を心掛けてるけど

検討の価値はありそうだ

 

ただ

 

体は十分若いよ

 

やわらかいし

肌がきれい

 

と誉めてもらえた

 

 

 

 

 

 

さあー

体のメンテナンスも

終わったし

 

今年のこり3カ月半

突っ走りますよー

 

 

 

なんせ、業務改善助成金

すごいことになってますからね

 

 

 

帰りの電車で

YU-BIのホームページを見て

 

あ、

 

会話
「女性限定サロン」と書いてあった

 

 

まゆみさん

ありがとうございました!

 

 

持つべきものは

ビジネスブログ仲間です(⌒∇⌒)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss