人とお金の悩みを解決!
神戸おくだ社労士事務所

調剤薬局で新しい分包機を買うなら、この助成金!

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.922

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポ   ーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日ある調剤薬局

はじめて行ってきました

 

薬もらうんじゃなくて

助成金のご説明に

 

 

 

私は前職が製薬会社の

営業マンだったので

 

クリニックとか調剤薬局は

初めてのところでも

ストレスなくお伺いできる

 

 

いくと

超ベテランの薬局長さん

 

 

思わずお聞きしてしまった

 

 

初対面で失礼ですが

先生、おいくつですか?

 

さすがにタキミカさんや

世界最高齢の総務部員の

玉置泰子さんほどでは

なかったけれど

 

 

優に80歳は越えておられて

 

しかも従業員を使いながら

細かなことも

テキパキこなしておられる

 

会話
お若いですね~

 

いやお世辞じゃなく

 

マジすごいわ

 

 

 

これからは

この薬局長さんみたいに

 

80歳超えてもバリバリの方が

増えてくるんやろなぁ~

 

 

 

 

さて説明を

リクエストされたのは

 

業務改善助成金の特例コース

 

この1年半で

利益率が前年同月より

5%以上落ちてる月があったら

手を挙げられる

 

 

兵庫県は10/1から

最低賃金が928円から960円に

上がったけれど

 

 

こちらには

930円の方がお二人

 

 

なので嫌でも

960円に上げる必要があって

そこへ私からのご案内が届いた

 

 

 

どうせ上げるなら

助成金もらえるってありがたい

 

 

買いたいものは

自動分包機

 

 

調剤薬局でよく目にするあれですね

 

 

2台あって

1台は去年買い替えた

 

もう1台もそろそろと

思ってたけど

 

 

2年連続となると

フトコロが痛いな~

 

 

と思ってるところに

案内が届いたらしい

会話
グッドタイミングでしたね!

 

 

 

さきに買ってしまっていたら

助成金、使えなかったですよ!

 

 

 

この助成金

計画書を出して

労働局が認定してくれて初めて

買うことができるんです

 

認定下りる前に買ったら

助成の対象外になるから要注意

 

 

 

お聞きすると

自動分包機もピンキリで

100万円くらいはするらしい

 

 

高いものになると

AIとかロボットができつつあって

 

1000万位するかも

 

らしい

 

 

 

 

この助成金

 

今回の特例コースなら

930円の二人を10/1から960円にすれば

50万円の助成額

 

 

なので100万する機械なら

半分の50万円の助成金が出るので

実質半額で変える

 

 

 

聞いといてよかったわ~

知らんかったら

ホンマ損してるとこやったわー

 

と喜んでいただけました

 

 

会話
さあ、これからアイミツ取りましょう!

 

 

有効期限2カ月ないと

労働局は受け付けてくれませんから

 

これも要注意事項です!

 

 

先日

働き方改革の助成金は

受付が終わりましたから

 

 

設備機器の購入費用を

助けてくれる助成金は

これだけになりました

 

 

 

 

もしこれからパソコン

クルマを買うなら

 

もちろんそれ以外のモノでも

業務効率を上げる設備機械なら

助成の対象です

 

 

 

会話
急ぎ検討しましょう!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜17:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

社会保険労務士

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss