兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

企業情報を持ち出されたら、助成金はどうなる?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

毎日ビジネスブログ No.884

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

会話
やっぱり、やってたんかー

と思ったのが

 

トランプ氏

邸宅に機密文書184件

 

 

大統領をやめるとき

ホワイトハウスの機密文書を

勝手に持ち出していた

 

というか

コピーを取ってたんだろう

 

 

もちろん

いくら元大統領といえども

その職でなくなったら

 

機密文書を持ちだしたら

アカンことは子供でも分かる

 

 

 

でもトランプなら

やってるに違いない

とだれもが思う

 

 

FBIが家宅捜索したら

やっぱり持ち出していて

出るわ出るわ184件

 

 

しかも国の最高機密が

他の雑多な紙とごちゃ混ぜに

されていた

 

 

 

こんなモラルの低い人が

いまだに次期大統領を

狙えるアメリカという国は

もう終わってるのかもしれん

 

 

 

 

 

 

こんなこと

普通の会社でされたら

された側はたまったもんじゃない

 

 

同業他社への転職に

会社の機密情報を持ち出すとなれば

完全な犯罪行為

 

 

 

最近ではソフトバンクから

楽天モバイルに転職した社員が

高度機密を扱う立場を利用して

 

基地局情報を持って出たので

その人は逮捕されけど

 

 

 

それ以外にも業務ノウハウや

顧客情報を退職者に持ち出されて

 

ダメージを被っている事業所さんが

少なくない

 

 

 

去年

京都である税理士法人から

独立開業した税理士が

 

その法人の顧客リストを持ち出して

営業を掛けていたらしい

 

 

もちろん

このアホ税理士は

逮捕されたけど

 

ばれるに決まっていること

わからんかったのか

 

 

それとも

犯罪という意識がなかったのか

 

 

 

 

 

こんなことを予防するには

 

 

少なくとも退職時に

絶対そのたぐいのことは

致しません

もしやったらこれだけの

賠償を致します的な

一筆を取るだけで効果がある

 

 

会話

もちろん入社時にも

身元保証書を取っておいて

このことを周知する必要もある

 

 

 

ではこれを怠って

情報が持ち出され

犯罪行為が発覚した時

 

 

 

やられた会社がもし助成金に

取り組んでいたら

その助成金に影響はないのか?

 

 

もし社員の時に発覚して

懲戒解雇しても

 

その内容で助成金は

ダメになることはないやろし

 

 

もう退職した元社員に

損害賠償請求しても

もちろんその会社の

助成金には影響はない

 

 

 

 

ところでトランプさん

そんなにたくさんの機密文書

持ち出してどうするつもりだったんやろ

 

 

会話

持ってるだけで

大統領気分を味わいたかったのかな

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss