兵庫県で助成金のことなら
神戸おくだ社労士事務所

社員がコロナ後遺症で休職したら、会社がすべき支援とは?

おすすめ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

 

 

毎日ビジネスブログ No.754

 

社員を笑顔に変える

頑張る社長の熱血サポーター

 

“奥ママ”こと

奥田 文祥(おくだ ふみよし)です

 

➡️➡️➡️ 奥ママのトリセツはこちら ⬅️⬅️⬅️

 

 

 

経営者の皆さんに

お役立ち助成金情報を発信中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナが高止まっていますね

 

 

わが兵庫県も感染者数が

2000人前後を維持していて

これ以上減りそうもない

 

 

 

 

 

やはりワクチンも

インフルワクチンと同様

 

年1~2回の定期接種が

普通になっていくと思います

 

 

 

4回目接種はどうやら

60歳以上とか病気のある方

そして医療従事者に限られそうですが

 

 

そうでない人も

有料になっても接種するに

越したことはない

 

 

 

特に接客業や営業職のような

リアルで人に接する仕事の方は

必須ですね

 

 

 

余裕のある会社の健保組合なら

健保負担でワクチン接種を進めるかも

 

 

 

 

 

 

若い方でも

打つべきだと思う

理由があって

 

 

それは

 

後 遺 症

 

 

これ、マジ馬鹿にできない

 

 

 

 

きのうの日経の社会面でも

その記事がありましたが

 

 

若い人の中にも

重い後遺症に苦しむ人が

増えてきている

 

 

 

 

主症状は

強い倦怠感

 

 

頭の中に霧がかかったような

ぼんやりした状態になって

何もできない

 

 

ブレインフォグ

というそうですが

 

 

前からあるCFS

いわゆる慢性疲労症候群

似たような感じらしく

 

 

倦怠感・息切れ・頭痛・脱毛などなど

多彩な症状が続いて

 

 

会社に出ていても

仕事にならんらしい

 

 

 

こうなると

会社を休まざるを得ず

 

 

事実オミクロンでは

後遺症外来にきた人の半分が

休職になってしまったらしい

 

 

 

 

 

となると

 

 

会話

会社もその備えを

する必要がある!

 

 

いつまでもコロナ感染者を

魔女狩りや村八分のような目で

見るのはやめてー

 

 

―事実こんなアホな会社もあるんです

これもれっきとしたハラスメントー

 

 

 

 

社員がコロナ感染して

後遺症も出てくることを想定した備え

をする時期ですね

 

 

 

 

これはいわゆる

病気の治療の

両立支援ほかならず

 

 

これまででも

メンタル疾患やがんの治療で

働きながら治療を継続できるよう

 

会社は社内環境を

整備してきたはずなので

 

 

 

その延長線上に

あると思えばいい

 

 

いわゆる

 

仕事と治療の両立支援

 

 

大切な社員が

働き続けられるよう

 

 

 

社内の休職制度や

病気休暇制度

そして

復帰支援の環境整備など

 

 

 

 

すべきこと

今から進めていきましょう

 

 

 

 

 

 

そうえいば

有給の病気休暇制度を

会社が導入するなら

 

助成金がもらえるかもしれない

 

 

 

 

働き方改革推進支援助成金の

労働時間短縮・年休促進コース

 

設備投資の助成金、年次有給休暇の消化も進む!

の要件に

 

特別休暇制度の導入

があって

 

「有給の病気休暇制度」を新設するなら

設備投資に上限25万円の補助が出る

 

 

 

 

 

助成金目当てで

病気休暇制度を導入するのは

お門違いですが

 

 

社員さんが働きやすいように

社内ルールを変えて

 

その結果

助成金ももらえるなら

 

 

会話

それはそれで

とてもありがたいものです

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

会社名 神戸おくだ社労士事務所
住所 〒650-0023
神戸市中央区栄町通2丁目4-13神栄ビル502
マップを見る
定休日 土・日曜・祝日
営業時間 9:00〜18:00
神戸おくだ社労士事務所のHP

コメントを残す

           

助成金総合コンサルタント

                               
名前奥田 文祥
住まい兵庫県

Profile

1959年 大阪府生まれ その後奈良県にて幼少期を過ごす

大学時代は年間50日以上、山登りに明け暮れる。

1983年4月、製薬会社に就職し、25年間京都~横浜で営業担当(エムアール)として過ごす。

49歳の時に肝臓がんのため手術療養、その5年後再発するも再手術により事なきを得る(37歳時に膀胱がんも経験しており、3度のがん罹患経験)。

肝臓がん罹患後は営業一線を退き、医薬品の副作用調査を業務とする市販後調査部担当者として10年過ごし、定年を前に早期退職。

2019年7月、58歳時に合格していた社会保険労務士として独立開業を果たす。

開業後、社労士として中小零細企業の実情を知る中で、サラリーマンとして36年間勤務していた大企業の労務管理との格差の大きさに驚き、「社員の皆が元気に機嫌よく働ける職場」醸成のための“あるべき労務管理”の必要性を痛感する。

この“あるべき労務管理”を小さな会社に導入するためのツールとして、助成金コンサルが一番受け入れられやすいことに気づき、今は中小零細企業の体質強化のための「助成金総合コンサルタント」として活動中。

月別記事

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss